FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。



矢掛町のマンホールは
毎年11月に町中心部で開かれる「矢掛の宿場まつり 大名行列」に登場する
奴(やっこ)と毛やりが描かれているんだそう。(矢掛町役場のHPより)

小さな観光エリアではありますが、
それでもいくつか矢掛町のお土産をご紹介♪



石挽きカカオのissaiというお店が美術館の近くにあります。



店内は、様々な産地のカカオ豆を石挽きしてつくられたチョコが。
試食も出来ちゃう。いろんな個性があるのが分かっておもしろい。



そんな中、わたしはカカオ茶というものを買ってみました。
健康にもいいらしい。カカオニブを煮出してつくるお茶。
かなり長時間ヤカンで煮出さないといけなくて、ちょっと面倒ではあったけど、
そのかわり、出来上がったカカオ茶はめちゃくちゃいい香り♪ 幸せ。
飲んでも甘くない。けど、めちゃくちゃチョコの香り♪
これはダイエットに使えるかも・・・。

香りと言えば、もうひとつ。



こちらは、薄荷蒸留所。

ハッカを蒸留してアロマオイルや様々な加工品にしているところで、
蒸留釜で蒸留しているところを見学したり商品を買えたりも出来ます。

皆さんは日本原産の日本薄荷があるって知ってますか?
わたしは全然知りませんでした。西洋のミントしかないと思ってた。

なんとなく勝手なイメージで、その昔ミントが中国あたりから入ってきて、
それを薄荷って呼んでるんだろうと思ってた。

じつは、その日本薄荷、この矢掛町に自生してるんだそうです。

香りをかがせてもらいましたが、
馴染みのあるペパーミントやスペアミントの香りと少し違って、
澄んだ感じの、上品な香りでした。

昔は栽培されていて、このあたり一大産地だったらしいんですが、
外国のミントや安価なメントールなどに押されてすっかり廃れ、
日本薄荷そのものが絶えたと思われていたそうなんですが、
いろんな方々の努力で復活され、今は町の名産品として推してるんだとか。



せっかくなので、日本薄荷のお茶を購入。



左下の「博美人」っていうのが日本薄荷のお茶になります。

左上は矢掛町のキャラ「やかっぴー」ですw
右上のマステは参勤交代の大名行列が描かれています。

すべて薄荷蒸留所のすぐ隣にある「やかげ町家の交流館」で買えるよ♪



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:中国・四国 - ジャンル:旅行

【2019/06/23 15:06】 | 矢掛
【タグ】 日記  旅行  観光  岡山県  お土産  買物  
トラックバック(0) |

Re: 矢掛町★3 おみや
あけぼう
玉さん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

このマステはびろーんと長く使ってこそ、ですよね。
しかし、そのチャンスかなかなか無くて。
それにしてもマステって、お気に入りのやつは使うのもったいなくて、なかなか消費できない…溜まりすぎても困るから、なるべく心を鬼にして使うんだけど…どうにか納得いくナイスな使い方はないものか…w

NoTitle
玉坂めぐる 
大名行列のマスキングテープがいいなあ。(^^)べろーーーーって長く貼りたい。

Re: こんにちは
あけぼう
進学塾アルファ狭山校さま、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

マンホール、どこかへ出かけたら必ずチェックしたくなりますよね。
それはそうと、蓄光タイプはまだ見たことがありません!見たい!
薄荷は、虫よけに使ったり、夏場のお風呂にアロマオイルを落としてクールバスにしたり、拭き掃除の時の水にすこし入れても部屋や廊下がなんとなく爽やかになるので、わたしはハマッてるんです。おすすめですよ~。

こんにちは
進学塾アルファ狭山校
マンホールは最近どんどん進化しているから楽しいですよね。大雨でも蓋が飛ばないタイプが増えたり、カラーだったり、最近は蓄光で光るものまであるそうですね。日本薄荷、知りませんでした。勉強になります。ありがとうございました!

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わたしは北海道のハッカはラベンダーとおなじで、
西洋ハッカを育ててるもんだと思っていたよ~。
もともと本州から入ってきたんだってね。ググったよ。
ハッカ油は薬局に売ってる 健栄製薬株式会社のものを、しょっちゅう買ってるw
今からの季節、拭き掃除に使うと爽やかになっていいよ~。

No title
misachi68
日本に自生してるハッカの存在は知ってたんだけど、
北海道だけかと思ってました!
岡山にもあったのね〜〜
それもみんなで育ててる感がいいわ(*´∀`*)

虫除けスプレーの自然な素材のものを散々探してた時期に
ハッカ油をアマゾンで見つけたんだよね。
結局買わなかったんだけど。

みんなが街を大事にしてる雰囲気が素敵ですね、矢掛町。

コメントを閉じる▲
岡山県北部の山をドライブしてます。秋です。

2018年はやっぱり豪雨災害が一番大きな出来事でした。
復興も人が住んでいるところが最優先なので、
こうして山道を走っていますと、



こんなかんじで、崩れている場所がちょいちょいあります。



さて、目的地の奥津温泉の前に、ちょっと寄り道。

「妖精の森ガラス美術館」を見学しました。



ここは岡山県苫田郡鏡野町上齋原という場所にあるんですが、
鏡野町ではウランが採れるそうで、そのウランを着色料として使った
ウランガラスがここで展示されているということで、ちょっと見てみたくて。



ウランといっても、放射線の心配は全然なくて、
人体が自然に発するレベルと同程度くらいなんだとか。

通常の照明の下でも黄緑色のガラスではあるんですが、
紫外線を当てると特に蛍光色のようにきれいな黄緑色を放ちます。
展示室は暗くなっていて、ガラスに紫外線ライトを当てると、
ガラスだけがボゥっと浮かび上がって、ちょっと神秘的。

今ではあまり見る機会がないせいか、高価なガラスなのかと思ったら、
昔はかき氷の受け皿などにも使われたりして、意外と庶民的だったり。

館内では、食器や花器、アート作品など、
様々なウランガラスの展示を見ることが出来ますよ。
あと、隣りにガラス工房が併設されていて、作業の様子を見学したり、
申し込めば体験もできるみたいです。



せっかくなんで、ちょこっとしたガラス製品を買ってみました。
箸置きです。(これはウランガラスではない)

妖精の森ガラス美術館
こじんまりした施設なので、全部見るのにそんなに時間はかかりません。
ガラス製品に興味ある人や、
ガラス吹きの体験をしたい人には良いかも。



となりに神社があるみたいで、鳥居から参道が続いていたんですが、
どこまで奥が続いているのかよく分からなかったので、今回はスルー。

さて、

ここから少し南下したところにあるのが奥津温泉です。



このあたりのどこかの宿に泊まりたかったけど、
今日のところは日帰り湯です。

やってきたのは「花美人の里」という施設です。



駐車場の側に温泉スタンドが。
よく考えたら、温泉スタンドで温泉を持ち帰ったことがない。
次は、容器持参で来ようかな~。



奥津温泉は、
わたしの周囲では「お湯が良かったよ~」って言う人が多い印象があって、
そのせいで妙に期待値が高かったんですが、たしかにお湯、良かった。
(すごく個人的な基準になっちゃうけど…お湯の良し悪し…)

あと、源泉かけ流しといっても、
露天風呂だと、周囲の葉っぱとかが落ちてきたりして、
いろいろ浮いてることもあるじゃないですか。
その点、ここは、とってもきれいなお湯でした。
湧き出ている湯量とかが、違うのかもしれないですね。
そういうのってやっぱり、好印象ですよね。

ここは、ぬるいお湯もあったので、長湯できてしまい、
つい長居をして、施設を出た時にはもう夕方w 

なんならあともう1~2ヵ所行く予定で、場所もチェックしていたんですが、
暗くなってから山道をドライブしたくはないので、今回はこれで帰宅します。



あの山の向こうが真っ赤だ~♪
そうそう、奥津温泉の近くには奥津渓という、
岡山でも有名な紅葉スポットがあって、
近くを通りかかったんだけど、すごい賑わいでしたw

夏以降、腰痛やらなにやら、どうも調子が悪くて、
紅葉狩りに出かけていく気力がなく、スルーしましたが、次回こそは。

それにしても、あらためて温泉っていいなって再確認しましたね。
歳とったってことなんでしょうかw
この記事を書きながら、また温泉に行きたくなっちゃってます。
2~3日、温泉+ごろごろ して過ごしたい・・・。


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

【2019/02/26 17:19】 | 岡山県
【タグ】 岡山県  旅行  観光  日記  温泉  ガラス  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

やっぱり行かれてますよね~。
津山からだと近くていいですよね。羨ましい。
奥津渓の紅葉、うわさはかねがね聞いております。
ていうか、ちょうど同じ日に
知人が紅葉を見に行ってたんですよ!(後日聞いてびっくり)
今年もめちゃくちゃキレイだったみたいです。





へろん
こんばんは。
懐かしいですね、奥津温泉と妖精の森ガラス美術館。
津山に住んでた頃に2回ほど行きました。
ウランガラスは綺麗ですよね。私もごく小さなオブジェを
買って帰りましたが、窓際で陽の光があたると良い色を
見せてくれます。
奥津渓、もう十数年前に行った時に見た紅葉が今まで見た
紅葉の中でいちばん真っ赤でした。あそこはお勧めです(^^)

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

なんかあるよね、温泉地の近くw
ホントに定番だよね、ガラス。
湯布院とか、箱根とか大きな温泉地にもある…。
あーでも、温泉は地盤のあれこれと関係が深いから
温泉地の近くには面白い鉱物がとれるんだろうね。
ちょうど今、そういう本を読んでるとこ♪(*^m^*)


misachi68
いいなぁ。
日帰り温泉旅♪
温泉ってしばらく入ってないなぁ。
温泉地のそばって、ガラス美術館があるのは定番なんだろうか。
こっちの温泉地の近くにもあるよ。
もしかして温泉の出る地形の近くには
ガラスの原材料が採れるとかあるのかな。

コメントを閉じる▲
前回から引き続き岡山の北部に来ております。

2018年って豪雨災害もあって、わりとインドアに過ごしていたんです。
いつも運動不足ですけど、輪をかけて運動不足になってます。

そのせいか、調子のよかった腰が痛くなってきて。
涼しくなってきたこともあって、そうだ!温泉に行こう♪となりました。




ちょうど、紅葉も始まってきていて、ドライブしていても楽しい♪



いわゆる紅葉スポットとは違って、山の景色は、
緑・黄色・赤・茶色・黒・・・時々川も流れていたり。
いろんな色がまぜこぜなところが、見てて飽きないですよね。

目的地の温泉は、1度行ったことがある所なんですが、
前回の記事で紹介した「道の駅」に、先に立ち寄ったために、
初めてのルートで向かう事になったんですけど、
かなり恐怖のほっそ~~~い山道を登ることになって、車内は大絶叫w
途中からまったく写真を撮っておりませんww



そんなこんなで到着したのがここ、「のとろ温泉 天空の湯」です。



駐車場も結構広い。



地図を見て頂くと南北に65号線が通ってるでしょう?
1度目に来た時は、
南から北上したので、それほどキビシイ道ではなかったんですが、
今回は北から山へと登って行ったんですよね。
これね~地図を拡大にしてもらったら分かるんだけど、
道がとちゅうでクチャクチャになってるところがあるw
絶叫ポイントはそこですね。
まじで、運悪く対向車が来たらバックしなきゃだよ。
わたし運転下手くそだから、対向車が来たら泣いてたと思うw

この「のとろ温泉天空の湯」の何が気に入ってるかというと、
岡山県の北部にある有名な温泉地、「湯原温泉」と「奥津温泉」の
ちょうど間くらいにポツンとあって、ちょっとマニアックなところ。
それなりに近隣の地元民に人気はあるけど、混んでそうな気配はないw
(とはいえ昼過ぎからは少し停まってる車が増えてました)

それに、山の上にぽつんと立ってるがゆえに、露天風呂からの景色がイイ。
のとろ温泉 画像 ←見てみて。
露天風呂といっても、目隠しに塀を作ってて、空は見えるけども
周囲の景色(全景)は見えないって所がけっこうあるじゃないですか。
特に女風呂はそうだと思うんですよ。
けれども、ここは目の前になにも遮るものが無くて、
山々の景色を見ながらお風呂につかれます。開放感がいいんですよね。

のとろ温泉 HP
キャンプ場とかバンガローもありました。

お風呂につかって、昼食もついでにここで食べまして。



さらに移動しまーす。
次は奥津温泉に行ってみるよ。

つづく。


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

【2019/02/23 00:00】 | 岡山県
【タグ】 岡山県  旅行  観光  ドライブ  温泉  
トラックバック(0) |

Re: 岡山県 ★ お湯につかって腰痛なおそ~1(のとろ温泉天空の湯)
あけぼう
misachi68さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

なかなか穴場なんですよ~。
いわゆる観光地じゃないから、駐車場の心配もいらないし、そこまで混んでない(^^) 周りにはなんにもないけどね。大人にとってはそれがむしろ良いってこともあるよね。


misachi68
気持ち良さそう〜(๑′ᴗ‵๑)
体の痛みもストレスも一気に解消できそうですねぇ


コメントを閉じる▲
春のある日、岡山の「王子ヶ岳」という場所に来ました。



ここは、非常に眺めの良い場所なのです。
見えているのはうっすらと瀬戸大橋。アンド島々。

↑の写真、空に光っているのは残念ながらUFOではありませんw
山の上にあるカフェの窓越しに写真を撮ったので、
おそらく室内の照明が反射したものかと。



この王子が岳。
パラグライダーの体験なども出来るみたいです。
昔ならノリノリで「やりたーい」とか言ってたと思うんですが
最近ちょっと
「高所恐怖症」に目覚めてきちゃってて、もう無理かな・・・w

説明板にこの地に関する面白い伝説が書いてました。


(クリックで拡大してみて!)

かつて大昔、百済姫の8人の王子たちがいた、という伝説があるそうな。
もうまず百済姫って誰やねんという感じで、
ググってみたけどよくわからない。
百済は飛鳥時代に滅亡して、
高貴な血筋の人などもたくさん亡命してきたらしいので、
そういう渡来人の人たちなのかもしれない・・・

王子たちの名前のネーミングも、なにやら意味ありげな・・・
特に、筈割王子って(はずわりおうじ)って読むのかな?
錫投げ王子(すずなげおうじ)や
瓶割王子(びんわりおうじ)もなかなかキテる。
(注:正しい読みかどうかは不明)

瓶割とか、なかなか荒ぶった名前よ?
この名前から、ふと、王子たちが、
悪役プロレスラーのパフォーマンス的な事をしているイメージが
脳裏をよぎってしまい、
もうそれしか思い浮かばなくなっちゃってるw

錫投げはとにかくナゾすぎる~~~!
錫(すず)って金属のスズでしょ。投げるなよ、そんなもんw
瀬戸内海に投げたんか?? 世が世なら不法投棄・・・



しかし、正直、高貴な人たちが住むような立地でもないような。
ここに住んだとすれば、それはもう、
ほぼ山城ってことじゃないでしょーか。

岡山県には、ここより数十㎞内陸に総社市というところがあり、
そこに「鬼ノ城」という古代の山城があったりします。
白村江の戦いで敗れた大和朝廷が
各地に防衛の為に造った山城のひとつらしい。
そんなことを思い出したりするけど、
別にここから何か出土したわけじゃないみたいだしね。
なんなんだろうこの伝説。

もう一つの役行者がらみの伝説も面白いね。
役行者の流れをくむ山伏たちは
熊野の王子信仰を、ここにも伝えたよ、と。そういう伝説ですね。

東京の八王子とかの王子と付く地名って
「王子信仰」に根差しているらしいのですが、
正直、瀬戸内地域ではなじみが無いと思っていた。こんなとこにあったとは。
この信仰のことは、説明できるほどよく理解できてないのですが、
熊野古道を歩くと、
あちこちに「ホニャララ王子」という小さなお社があるらしいです。



写真だと分かりにくいかもしれないですが、
ここは、大きな岩がごろごろしていて、
遊歩道から岩場に出るのは、岩をくぐったり登ったり、ちょっとした冒険です。
上の写真は岩場から真下を見たとこ。崖の下に白い砂浜が見えます。



夕方の日光を反射して、それこそ金属的な色合いに。
錫(すず)!錫色だよ!
おお~~~錫投げ王子~~~!w

でも、ここまで書いて気が付いた。

これ
(すずなげおうじ)って読むんじゃなくて、
(しゃくなげおうじ)って読むんじゃないか?
それこそ僧侶が杖みたいに持ってるやつ、錫杖(しゃくじょう)って言うじゃん。
同じ字だわ。

・・・・。


いや、錫(しゃく)だって投げるなよ、と言う話なんですが・・・。


結局どっちなのかは分からずじまい・・・。



王子が岳
カフェは 王子が岳 belk さん

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2018/06/29 09:37】 | 倉敷市
【タグ】 岡山  岡山県  
トラックバック(0) |

Re: NoTitle
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

今回の事で「王子」のことが俄然気になりはじめました。
正直、今まで王子信仰の事はスルーしてきてたので、王子が岳のことも全然結びついてなかった。

実はあけぼうの地元にも王子神社があり「王子町」という地名がwww
なんで王子なんだろうとずっと不思議だったんですけど、特段調べようとも思わずw
これほど灯台下暗しな話があるでしょーかw

玉さんの暴れん坊将軍の推察は多分あってると思います。
御三家だから、なにかとご縁がありそうですよね。
うちの町の殿さまも譜代大名なので徳川と無縁という訳でもないかも。
気になるなあ…今度行って見てきます。


NoTitle
玉坂めぐる 
王子信仰って、気になる気になる。
東京の王子というところは近所なのでよく遊びに行きます。例のダビンチ顔の石垣とかあるところ、王子神社が、あるのでついている地名だと思います。この神社は徳川八代目の暴れん坊将軍が紀伊の出身だから、地元和歌山熊野からつれてきた神様なんだと思います。江戸以降の王子信仰の地ということだということ。
ここの王子は同じ王子かな。それとも全然由来の違う王子かな。役行者は後付けかな・・・。不思議不思議。気になります。

Re: NoTitle
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ほおお~!そうなんですね!(残念ながら見逃してました)
島に一軒家で住むとかすごい・・・。
埼玉には実際、高句麗の人たちが住む集落があったらしいです。
今でも高麗神社とか、その名残っぽいのがあるし、
先日の地名の本にも載ってました♪
それやこれやを考えると・・・あるかも~~~って思っちゃいます☆

Re: NoTitle
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、すごく近いです。玉野の博物館の前に藤棚があるのを覚えておられますか?わたしは王子が岳のあと、そこで藤の花を観ましたw 博物館にも行こうと思ったんですが、急な呼び出しでそれどころではなくなり帰宅する羽目になってしまったので、その点は心残りです(^_^;)最近、鷲羽山とか王子が岳とか、海の見える高い丘に良さげなカフェが続々と出来ています♪

NoTitle
misachi68
今日、たまたまTV『ポツンと一軒家』に
瀬戸内海の島にお住いの方出てましたね。
それと、埼玉の山奥の方で
1300年前に先祖が高句麗から来たんだって話もあって、
どっちもごっちゃになって、
あるかも〜〜〜って思っちゃった(^-^;)

白村江の戦いで来たかもしんないねw
歴史ロマン(ღ′◡︎‵)

NoTitle
へろん
こんにちは~。
岡山には縁があるので記事を拝読してちょっと調べてみたらびっくり。このあたり、玉野海洋博物館に行ったあと走ってました。知ってたら立ち寄ったのに(^^;)
それにしても日の王子とか谷の王子というのも、何かもうちょっとなかったんかい、という感じですね。英訳するとPrince Hiですか(^^)

Re: こんにちはー
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あははww ほんとだ!ほんとだわー!

こういうところに、
わたくしの根深い英語ぎらいが出てしまってましたw

映像としては見ていても、脳に達してないのですよねwww
読み方・・・瓶割(かめわり)なんですね!

こんにちはー
小々次郎
日頃から説明板を英語の方で読む癖がついてる自分には読めましたよ(嘘)prince hazuwari prince kamewari、 prince suzunage 夕日を反射した海は錫でまちがいないですね^^


コメントを閉じる▲
2018年2月。連休。

ちょっとした目的があり、岡山市に来ました。
岡山駅から路面電車にのって「城下」で下車し、
街の雰囲気を感じながらのんびり歩いて向う予定でした。


が!
おもむろに取り出したスマホ(←最近調子が悪い)から
いつの間にか【グーグルマップ】が消えてる!
さっきまであったのに!
目的地を登録してたのに!

一瞬にして、ただの迷子と化したわたくしw

はからずも文明の利器・スマホに依存する現代人の弱点を見事に体現。

さて。
目的地は前に行ったことある場所なんですが、2年以上前のこと。
ふわっとした土地勘しかない。

にもかかわらず
「だいたいコッチであろう」と
やみくもに突き進むところが、方向音痴たるゆえん。

でもそのおかげでこんな神社を見つけました。



神社名は岡山県神社県庁のHPによると「稲荷神社」だそう。
通称は「甚九郎稲荷」っていうんだそうです。
ご祭神は 倉稻魂命,菅原道眞 となっていました。

ビルに挟まれた小さな神社ですが、
由緒書きが面白くてつい足を止めてしまいました。


(クリックして拡大)

その昔、宇喜多家再興のため岡山に潜入した佐久間甚九郎が当地を視察中、多数の暴漢に襲われ危機一髪となった際、天から霊光燦然と輝き白狐の声が轟き、暴漢どもはその場にひれ伏したので甚九郎は九死に一生を得て危地を脱出することが出来た。この白狐は当地に在った稲荷神社のご本尊であろうと上之町々民(現在の天神町南町を含む)は甚九郎稲荷というようになり大切にお祀りしてきた、以来上之町に異変が起こる際は前もって白狐が鳴き、これを町民に知らせると言う。今も上之町に火災などが無いのも当社のお蔭と町民の深い尊敬を集めており上之町の守護神である。


宇喜多家といったらやっぱり宇喜多秀家さんが有名ですよね。

Ukita-Hideie-2.jpg 

豪姫のダンナさんね。
そうだそうだ、岡山の大名でしたよね。
秀吉に可愛がられて最終的には五大老にまでなったけど、
関ヶ原で西軍側に立ち、敗れて。
八丈島に流されて、そこで結構長生きしたっていう。

お家の再興をはかって暗躍してた家臣もいたんだねえ。
「その昔」っていうけど、いつごろの話なんだろう。
ウィキペディア先生によると、岡山は
宇喜多家⇒小早川家⇒池田家 の順で支配者が変わってったみたい。
西軍の浪人が再興の希望を持てるって言ったら
まだ徳川幕府の体制が落ち着いてない頃かもね。小早川家時代かな?

窮地を白狐が助けてくれるくらいだから、
きっと秀家さんって地元民に好かれてたんだろうね。
なんか男前だったらしいし。イケメンは正義。
それか、徳川体制がキツくて、相対的に懐かしく良かった時代に思えたか。



境内には備前焼で出来た狛犬がいた。なんか勢いがすごい。
ものっすごい向かい風を受けてる。
ほほ肉ぶるぶる。 生え際ずりずり・・・。

あ。 いやこれ、オーラか。
オーラがフオォォォ!ってなってるのか。



それにしても、阿吽とも片方のまゆ毛が。
これ、こういうデザイン?それともとれちゃったの?
でもそのおかげで独特の表情になってるよね。

この狛犬はもともと
別の場所に鎮座していた天神神社の狛犬だったそうですが
そこに県会議事堂が建設されることになって、こちらの神社に合祀。
その時に移転してきたんだそうです。戦災にもあったんだって。
狛犬に歴史あり。

社殿はこんな感じで建物の間の参道を通っていった奥にあります。


(写真右、暗いですが・・・)
右に硯みたいな石や、梅をかたどった石の何か?があるあたりが
合祀された天神さんのイメージを伝えてますね。



社務所はカーテンがしまってて、無人みたい。
御朱印は無理そう。



参拝・・・(。-人-。) 


ちょっと落ち着いたところで、
スマホから消えてしまった【グーグルマップ】を
ダウンロードしなおしました。

あらためて現在地を把握してびっくり。
さすが方向音痴。
目的地とはぜんぜん違うほうに来ちゃってた。泣けるー(笑)


しきりなおして、目的地へ向かいます。つづく~。




ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2018/03/01 18:09】 | 岡山市
【タグ】 神社  岡山  岡山県  備前  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

片眉たしかに。
我々が知らないだけで、もしかしたら裏の意味みたいなやつがあるのかも?それも恥ずかしい系のやつw
それだったら、片眉のまま市井で暮らすのも精神鍛錬になりそうだねwって、それドMか…。




玉坂めぐる 
呼ばれましたね。
神社か、きつねに。(^^)もしくは片眉の狛犬に。

片眉と言えば、「空手バカ一代」のモデルにもなった大山倍達先生。
つらい山ごもりの修行に出るときは、孤独な気持ちに負けて人里に出たくなったりしないように、自分を律っするために片眉を剃ったそうですね。

でも。。。そんなに片眉って恥ずかしいんだろか・・・って子供の時ちょっと思ったな。(^へ^)



Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

スマホの現象、続いてますけど
段々慣れてきて、ステッカーに触れる部分に
大事なアプリは置いておかない事にしましたw
自然に剥がれるか、もういいやって思うまでは
貼ったままにして置く予定(金メダルとれたし)

狛犬さんは、なんか不思議でしょ。
漫画みたいな造形ですよね。
岡山は備前焼が有名だから
狛犬も備前焼のタイプをちょくちょく見かけますが、
石の狛犬さんより明らかに個性が強いですw


misachi68
アプリが消える現象謎ですね。
ふらっと迷い込む神社がそこにあったりするあたり
何か神がかってるような気もする(^-^;)

片方の眉がなくなってる狛犬さんは
眉毛があったとしてもその筋肉質な前脚が
不思議なバランスですよねw

コメントを閉じる▲