FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
矢掛町から帰る途中に、
遥照山っていう山を越えて帰ることになるんですが、
ここは、ずいぶん前にこのブログでもご紹介した
地蔵岩ヤッホー公園」の近くでもあり、
国立天文台や岡山天文博物館などもあったりする場所です。



山の上からの見晴らしが非常に素晴らしい場所です。



倉敷方面が見えている・・・(多分)(超方向音痴だから自信ない)



もうちょっとスッキリ晴れてたら、瀬戸内海もわかりやすく見えたはず。


でも、今回ここに来たのはそういう事じゃないんですよ。

たまたま、走りかかった時にグーグル地図を見たら、
見逃せないくらい、個性的な名前の神社を見つけてしまったんです。



わかりますでしょうか?
右下のほうにあるのが「それ」です。その名も日月水火神社。

曜日!?
いや、順番が違うし。それだったら日月火水だよね。
なんで木金土が入ってないのかも気になる・・・

謎が深まる!!




そんなわけで、

予定にはなかったけど、現場へ急行してみたのでした(笑)



ここが、日月水火神社でございます!

木金土は?
誰しも、そうツッコミを入れてしまいますよね・・・いったいどんな神社なのか。

まず、神社名は日月火水神社(ひつききびじんじゃ)と読むんだそう。

ご祭神は
 大元皇大神
 国常立大神(艮の金神)
 豊雲野大神
 神素戔嗚大神

とのこと。
ご由緒を読んでみたのですが、読めども読めども意味が分からず…(;´∀`)
日月は天の陰陽、水火は地の陰陽を意味しているそうです。
神社名はこのへんからきてるんですね、きっと。

まず、階段を上がってみると・・・



円形の池?がありました。
うーん、なにか呪術的な意味のある形状なんだろうか?
円の外には鶴がいて、円の真ん中には亀がいて、
二匹の龍が水をたたえた鉢(?)を挟んでる・・・。



たまたまなのか、普段はこんな感じなのか、境内は無人で、
御朱印とかはもちろんない。
参拝の時は、基本的に石畳の道の上を通るようにとのこと。





参拝の仕方もちょっと変わってる。



あとから調べたら
ここは、とある宗教団体がつくった神社だったみたいです。
岡山ってそういうの多いんだよね~。
なんでなんだろうね?よくわからない。

話が脱線気味しちゃいますが、
前に、女優の若村麻由美さんが結婚した
釈尊会の会長(故人)も岡山県の人だったよね。
あの時も、岡山って知らない宗教団体がいっぱいあるよな~~
って思ったもんです。

さらに、境内からお寺への道が続いていたのでついでに向かいます。



すぐかと思いきや、少し歩く(登る?)ことに。
とはいえ、徒歩圏内ですけどね。登山とまではいきませんからご安心を。



着いた!
しかし建物はまだ先だ・・・



着いたとたんに、ショックなお知らせ(笑)
遥照山温泉は、神社よりも下の方にありました。車で来る途中に見たよ。

あそこだったのかあ~~~(;´Д`)

さすがにあらためてそちらに行く気力は無いのだった・・・。
まあ、御朱印のことはあまり最初から考えてなかったからいいけどさ。



両面薬師堂というお堂です。参拝(。-人-。)

こっちからも・・・



裏に回って、
反対側からも、参拝できるようになってる!
だから「両面」かあ。なるほど~~~~。



片方は虎、片方は龍の彫刻がありましたよ。



個人的には、ここが一番すごいと思いました。
ただならぬオーラを発した岩が鎮座。この山の神様かも。(。-人-。) ・・・。





妙なとこばっか行ってるから説得力ないかもしれないけどw
遥照山は見晴らし良いし、ホテルのレストランで食事もできるし、
運動場もあって温泉もあって、向かいの山には天文台もあるし、
フツーに良い所だと思います・・・・。
遠方からわざわざ旅行で来るほどではないけど、
近隣の方は、矢掛町や天文台を含めて、プチ旅行気分で来てみるのもいいかも~。

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2019/06/27 09:35】 | 矢掛
【タグ】 旅行  神社    岡山  
トラックバック(0) |

Re: 矢掛町★4 遥照山のてっぺんにある神社とお寺
あけぼう
misachi68さん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

わはは、たしかにポツンと一軒家っぽいw
うちのカーナビ、だいぶ古くなってきて、助手席の時はグーグルマップを見る事もちょくちょくなんだけど、たまに気になる「お名前」を見つける事があるんだよねw 大抵は気になりつつ通過してしまうんだけどw

わたしとしては、星座と神々みたいなイメージをもって行ってみたんだけど、結局よく分からず。
むしろ頂上の両面不動尊の方が味わい深かったなー。

NoTitle
misachi68
なるほど〜〜
よくわからない宗教団体ってやっぱりあるんだね。
神社の名前からして、
おまじない的な創作っぽい香りがしてるもんね。

グーグルマップで見つけて急行するなんて
ポツンと一軒家っぽくて楽しかった(*´∀`*)
一昔前なら危なっかしくてできなかったことだよねw

コメントを閉じる▲
矢掛町に来ております。


岡山県のこのあたり。



旧山陽道の宿場町だったので、それっぽい街並みが残っているところです。



西の大名が参勤交代の時にここを通って、宿泊したりしていたということで。
この旧矢掛本陣石井家住宅には、江戸に向かう途中の篤姫も泊まったんだって。



やぐらが印象的なこの建物は「やかげ郷土美術館」。



美術館とありますが、地元出身の芸術家の作品を展示するだけじゃなくて
近くの川に生息するお魚を飼育しているプチ水槽などもあって、
郷土のことならなんでも展示してる感じの施設でした。



やぐらの上にもあがれるみたいです。行ってみるね。



てっぺんは四畳半くらいの広さの板の間でした。
この辺りの昔の水害の記憶なども写真パネルの展示がありました。

こういうのを見ると、思い出されるのはやはり、昨年の豪雨災害。
もっとも被害がひどかった真備町は、隣町になります。
やはり昔から繰り返してる地域になるんですね・・・。



街をぐるっと一望。

あとここには私の大好物、ジオラマがありました。それも大きい!



昔のこの辺りの様子。
やぐらの上からの景色を見た後でこれを見ると、
もちろん鉄道が走ってたり、道路が出来てたりと、いろいろ変化はありながらも
むかしの面影が残ってるな~という印象でした。



下に~下に~



旧山陽道の宿場町だったところ、わたしの地元の近くにもあります。
もしかしたら、矢掛の1つ手前の宿場かもしんない。
そうすると、だいたい宿場と宿場の間隔がわかってくるわけなんだけど、
車で1時間~1時間半くらいって感じですかね。



その区間だけを考えたら、歩けなくはないだろうけど、
それが毎日ってなると相当きついよね。本当に昔の人は健脚だわ。



1日歩いて宿場町が見えてきた時には、きっとすごくホッとするんだろうね。


ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行

【2019/06/21 17:00】 | 矢掛
【タグ】 観光  旅行  岡山  日記  建物  
トラックバック(0) |

Re: 矢掛町★2 美術館だけどお魚もいる!~やかげ郷土美術館
あけぼう
玉さん、イラッシャーイ

土地の歴史を知ることの重要性をひしひし感じますね。
しかし、これを学校で…となると、差別助長の側面や、不動産価値の問題があって難しいのかな。でも、もうちょい調べやすくして欲しいですけどね。

東京がそこまでのことになったら、多分、諸々が麻痺して日本がやばくなりそう(^^;;
しかし2週間ひかないとなると、高層建築物の備蓄は分散して各階に保管するべきなのだろうか。水関係が難しいですよね…。うーん。

NoTitle
玉坂めぐる 
先日、地元の「洪水ハザードマップ」というのがポストに入ってました。自分の住んでる場所、川と川の間なのでやばいことは察していましたが、相当やばいです。高層住宅住まいだけど、大きい川が氾濫した場合ヘタすると5メートル以上の洪水で2週間水が引かないらしいです。(^^:)この地の歴史も読んでみました。あらためていろいろ考えてみているところです。 

Re: 矢掛町★2 美術館だけどお魚もいる!~やかげ郷土美術館
あけぼう
へろんさん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

そうなんですよねえ。
わたしも今までノーマークでした。
結構近くを通ることは何度もあったんですが(^_^;)

おっしゃる通りで、こういう資料館も良いですよね。
お魚は近くの川に棲む魚が中心で、一応撮ってはみたんですが、動くものは難しい!ブレブレでしたv-356

地名にさんずいがあると…なんてよく言われますよね。震災以降、そういう災害とからめた地名研究も進んだようで、図書館でそういう本を見たことがあります。気になりますよねー。



No title
へろん
数年間岡山に住みましたが、矢掛町はノーマークでした。
都市部の博物館は歴史とか科学とか美術とかに細分化されてますけど、地方の郷土資料館などは、そこに行けばすべて分かる的な「よろず屋」感も良いですよね。
昔の災害といえば、地名に水が関わる文字が付いていればなんかあったという場合も多いそうですね。



Re: 矢掛町★2 美術館だけどお魚もいる!~やかげ郷土美術館
あけぼう
misachi68さん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

うんうん、地元の土地の歴史は絶対知っておいた方がいいよね。
わたしも地元の博物館で、昔の河川の流れ方とかを見たよ。江戸時代にかなり川の流れって変えられているんだよね。今まで何度となく来たことある博物館なのに、災害って視点で見たことが無くて。同じ展示でも見る側が何を求めているかで、受け取るものって全然違うね。
ミサさんも是非是非!

No title
misachi68
やっぱりそうだったんだ。
災害で大きな被害があった時は
その場所が昔からそういう被害の起きてる場所だってこと、
ちゃんと知らずにそこに住んでるってこと。。。
地元のことを知るって大切だなぁ。

もしかして、今住んでる地域のジオラマとか
どこか博物館とか記念館的なところにあるかもしれんって思ったら
見てみたくなった。

コメントを閉じる▲
今回は、岡山県小田郡矢掛町という町にきております。
倉敷よりちょっと奥になります。
わたしの町からも車で40~50分くらい。


このあたりになります。

ここには少し、昔の宿場町だった面影が残っているらしい。



実際来て見ると、
たしかに風情ある建物の商店が立ち並んでます。



純和風のもあれば、ちょっと昭和っぽいかんじのも。



看板建築ってやつ・・・?



これなんて、二階は洋風・一階はめちゃくちゃ和風。おもしろいねえ。



ここは和菓子屋さん。
帰りに大福を買って帰りたかったのに、すっかり忘れちゃったんだよね

ちょうど、ランチを食べようと思いまして、
地元の若者に人気で行列になっているお店「t2lab.」さんはパスして、
わたしたちは、
「お食事処 邑楽里(ゆらり) 備中屋長衛門」というお店に入りました。
建物自体も見ごたえがあって、
将棋のタイトル戦の会場になったこともあるんだとか。
ランチセットこんな感じ♪



ここで、玄米麺をいただきました。写真右ですね。
同じお米でもベトナムのフォーのイメージより、お蕎麦っぽいというか。
香ばしい香りもほんのりして、美味しかったです。

本当に狭いエリアではあるけど、
ちょっとしたお出かけにちょうどいいところでした。



まちなみの中に宇宙人も溶け込んでます。

温泉もあるんだけど、今回は入りませんでしたあ。

次回は具体的に立ち寄った場所をご紹介♪



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:中国・四国 - ジャンル:旅行

【2019/06/18 17:05】 | 矢掛
【タグ】 観光  旅行  岡山  日記  建物  洋館  
トラックバック(0) |

Re: こんにちは
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

へー!やっぱり当時、全体的にそういうのがステキ!みたいな雰囲気だったんでしょうかね。面白いですね。
アンテナみたいなやつって、どんなのだろう?? 今度見つけたら記事で書いてください。 あと、うっかりなにか重大な秘密に気付いちゃってる可能性もあるから気を付けてくださいw

こんにちは
小々次郎
ネオ・バロック様式 とまではいかないアール・デコを間違えた昔の銀行様式な建築いいですね 大正か昭和の初め頃でしょうか この頃に竣工している橋の親柱もこんな様式に通じるものがあります なかには宇宙と交信できそうな アンテナ?みたいなのが付いてるのもありますから 宇宙人は無理もないです^^

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

宇宙人はいいよね。うんうん。
旧街道の宿場町って、そりゃあもちろん旧山陽道の各地に点々と残ってはいるんだけど、観光にいかしてるかどうかって、場所によって差があるよね。ここは最近力を入れ始めてるみたいで、若い子向きのお店がポツポツ出来てたりする。昭和っぽい建築と宿場町が混ざってていい感じ♪

No title
misachi68
ちょっとノスタルジックで風情があっていいですね。
宇宙人はいいね。
ぜ~ったい【生活必需品】とは真逆の方向性のはずってわかるもん。
なんかこの街並み好きだわ〜〜


コメントを閉じる▲
久しぶりに、岡山の北部へドライブしました。
去年の秋の事でございます。

ドライブの楽しみと言えば「道の駅」。
今回は、道の駅「メルヘンの里 新庄」にやって来ました。



初めて来たんだけど・・・かなり山奥!
でもきれいなところです。

ここ、新庄村というところは、播磨の国(兵庫)から出雲国松江へ至る
「出雲街道」の宿場町として栄えたんだそうです。

道の向こう側の茶色い屋根があるあたり、あれがその街道らしいです。
当時の風情を残した、なかなか良い雰囲気の街並みになってるみたいです。

その街道の両脇には、
137本ものソメイヨシノが日露戦争の戦勝記念に植えられているんだとか。
それが「がいせん桜」と呼ばれ、現在では桜の名所となっています。
満開の時期には通 りが桜のトンネルとなるそうです。
ノーマークだったけど、こうして見てみると、桜の時期に来たくなる。
かなり期待できそうな雰囲気。



で、話は戻って、こっちが道の駅。
バイク乗ってる人がたくさん来てました。
改装されたばかりらしく、きれいだったし、トイレも使いやすかったです。

麺が中心ですが、レストランもあったよ。

とにかく、ここに立ち寄ったのは他でもない。
こちらの地域の名産は、もち米の高級品種「ひめのもち」。

そして、その「ひめのもち」で作ったお餅も売ってるんです。

なにをかくそう、我が家は餅大好き一家。
年末には必ず30年くらい前に買ったタイガーの餅つき機で
せっせと大量の餅をつきますw
さすがに臼と杵でというわけにはいきませんけど、
自分たちの好みの餅に仕上げられるから、年末の大掃除は簡略化しても、
餅つきだけは絶対やる、そんな一家w

市販のお餅は、ちょっと柔らかすぎると感じるんですよね。
あれじゃ、お年寄りがのどに詰まらせるのも頷けるわ。
水分が多すぎるんじゃないかな。

わたしは、もうちょっとしっかりと食べ応えのある餅が好きなんです。
パンで言ったらハード系。ハード系のお餅w

こちらのお餅は、もともとモチ米の持ってる水分だけで、
作られたお餅だということなので、
かなり好みに近いのではないかと、期待してやって来たってわけです。



で!これが購入したお餅です♪
ミルキーなもち米の味もしっかりしていて美味しい♪
ひとつの大きさがちょっと小ぶりなのですが、
まあ売ってる餅は、大体これくらいのサイズだからなー。
ただ、今回のこれはぜんざいに入れて食べてみたんですが、
やっぱり私の好みよりはちょっと柔らかくなっちゃった。

でも大丈夫。
ちゃんと「ひめのもち」のお米を5㎏買いましたので
年末はこれをついて正月の餅にしました。
5㎏はなかなか大変ですが、頑張って作業。
めちゃくちゃ美味しいお餅が出来ました。2月半ばまで食べてたよ。



今すぐに食べる用、ということでこういうのも買ってみました。
ブルーベリーも美味しかったけど、やっぱり餅部分の美味しさという意味では、
黒豆大福の方が好きだなー。



その他にもお米パンとか、気になるものが結構ありました。
お餅を買ったので、パンはやめたんだけど・・・
パンも好きだから未練だわ~w



あと、山深い場所だからか、ひのきの商品が結構ありました。
ヒノキのエッセンシャルオイルは見かけることもあるけれど、
「ひのき珈琲」は珍しいでしょ?
熟成したひのきの葉をブレンドしてあるんだとか。健康にいいらしい。



1パックずつ売られていたので、試しに購入。
さっそく淹れてみたところ、見た目は、こう。
味もスッキリして飲みやすくて普通に美味しいコーヒー。
ヒノキの味?香り?は、あまりよく分かりませんでした。

この道の駅は、また桜の時期に来たいなぁ~
次はパンも買おう・・・



道の駅「がいせんざくら新庄宿」

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:道の駅 - ジャンル:旅行

【2019/02/20 18:49】 | 岡山県
【タグ】 岡山  旅行  観光  ドライブ  お土産  買物  道の駅  
トラックバック(0) |

Re: 岡山県 ★ 道の駅 がいせん桜 新庄宿 ひめのもち!
あけぼう
玉さん、イラッシャーイ(*´∀`)ノ

海外でのお餅なんて、ありがたすぎる〜♪
餅つき機を持参するなんて、餅好きの鏡だね!
フィリピンのもち米でつくった餅、気になる…。

Re: 岡山県 ★ 道の駅 がいせん桜 新庄宿 ひめのもち!
あけぼう
misachi68 さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙

よしっ。
もしウチのタイガーが壊れても、次の専用機の候補があるんだね。これで一安心。

ゴパンも確かに気になることは気になる。
お米パン結構美味しいんだよね。



玉坂めぐる 
子連れでフィリピンに住んでたころ。タイガーのもちつきき、日本から持ってきてたお家に、みんなであつまって、食べた食べた。これを持ってきてくれた見識もほめたほめた。もち米は、現地のヤツ。でも美味しかったと思います。15年以上前の話だけども、おかげであの興奮をちょっと思い出しました。



misachi68
私も昔実家でタイガーの餅つき機で年末に餅つきしてましたよ。
今、Amazonで見てみたらタイガーの餅つき機はつき専用は健在でしたよ!!
やっぱりニーズはあるんだよね。
で、Amazonのそのページ見てたら私はゴパンが欲しかったことを思い出して、悩み中。
お米から、あるいはちょっと残ったご飯からパンに変身って魅力的。
ま、餅つき機とホームベーカリーは私も別でいいと思う。

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

年々餅が好きになっていますね~♥
ミサさんもですかあ。
ちょうど出かけたのが年末の足音が聞こえ始めてきたころで、
タイムリーでもあったんで、買っちゃいました。

それにしても杵でついた餅のルート、めっちゃ羨ましい!
食べてみたいです、そのお餅~(´∀`)

わたしも前に一度、何かの行事で、
若者たちがせっせと杵でついた餅を頂いたんですけど、
それもやっぱり柔らかすぎたんですよね。
最近の若い人は、市販の餅しか知らないから、
柔らかい市販の餅に寄せていってる気がしました。
色んな餅があっていいのになぁ。
これはもう食文化喪失の危機じゃないだろーか…。

そんな文化を保つためにも、
私はせっせと年末に(1日潰れちゃいますが)餅をつくわけなんですがw 
実は心配事もあって、
うちの年季の入ったタイガーの餅つき機が
壊れたらどうしようということなんですよね。
新しい餅つき機って、
大概、パンも作れますよ~みたいな事をアピールしてるじゃないですか。
あれ、いらない。
なんか、そのせいで餅が柔らかくなりそうな気がするんだよな~。

餅が好きなばかりに長文ですみません。
つい熱くなって、いろいろ書いてしまった、コメ欄にwww



misachi68
美味しいお餅はいいですよね。私も大好きです。
しかし、まさかもち米から選別して
買い求めにドライブしちゃうとは
すごい好きなのね〜〜(*´∀`*)
市販のお餅が軟らかめだから喉に詰まっちゃいそうって
いつも不安だったので、そこもわかる〜〜
最近はちゃんと杵でついた餅をとあるルートで手に入れてます(^_^)v



コメントを閉じる▲
春のある日、岡山の「王子ヶ岳」という場所に来ました。



ここは、非常に眺めの良い場所なのです。
見えているのはうっすらと瀬戸大橋。アンド島々。

↑の写真、空に光っているのは残念ながらUFOではありませんw
山の上にあるカフェの窓越しに写真を撮ったので、
おそらく室内の照明が反射したものかと。



この王子が岳。
パラグライダーの体験なども出来るみたいです。
昔ならノリノリで「やりたーい」とか言ってたと思うんですが
最近ちょっと
「高所恐怖症」に目覚めてきちゃってて、もう無理かな・・・w

説明板にこの地に関する面白い伝説が書いてました。


(クリックで拡大してみて!)

かつて大昔、百済姫の8人の王子たちがいた、という伝説があるそうな。
もうまず百済姫って誰やねんという感じで、
ググってみたけどよくわからない。
百済は飛鳥時代に滅亡して、
高貴な血筋の人などもたくさん亡命してきたらしいので、
そういう渡来人の人たちなのかもしれない・・・

王子たちの名前のネーミングも、なにやら意味ありげな・・・
特に、筈割王子って(はずわりおうじ)って読むのかな?
錫投げ王子(すずなげおうじ)や
瓶割王子(びんわりおうじ)もなかなかキテる。
(注:正しい読みかどうかは不明)

瓶割とか、なかなか荒ぶった名前よ?
この名前から、ふと、王子たちが、
悪役プロレスラーのパフォーマンス的な事をしているイメージが
脳裏をよぎってしまい、
もうそれしか思い浮かばなくなっちゃってるw

錫投げはとにかくナゾすぎる~~~!
錫(すず)って金属のスズでしょ。投げるなよ、そんなもんw
瀬戸内海に投げたんか?? 世が世なら不法投棄・・・



しかし、正直、高貴な人たちが住むような立地でもないような。
ここに住んだとすれば、それはもう、
ほぼ山城ってことじゃないでしょーか。

岡山県には、ここより数十㎞内陸に総社市というところがあり、
そこに「鬼ノ城」という古代の山城があったりします。
白村江の戦いで敗れた大和朝廷が
各地に防衛の為に造った山城のひとつらしい。
そんなことを思い出したりするけど、
別にここから何か出土したわけじゃないみたいだしね。
なんなんだろうこの伝説。

もう一つの役行者がらみの伝説も面白いね。
役行者の流れをくむ山伏たちは
熊野の王子信仰を、ここにも伝えたよ、と。そういう伝説ですね。

東京の八王子とかの王子と付く地名って
「王子信仰」に根差しているらしいのですが、
正直、瀬戸内地域ではなじみが無いと思っていた。こんなとこにあったとは。
この信仰のことは、説明できるほどよく理解できてないのですが、
熊野古道を歩くと、
あちこちに「ホニャララ王子」という小さなお社があるらしいです。



写真だと分かりにくいかもしれないですが、
ここは、大きな岩がごろごろしていて、
遊歩道から岩場に出るのは、岩をくぐったり登ったり、ちょっとした冒険です。
上の写真は岩場から真下を見たとこ。崖の下に白い砂浜が見えます。



夕方の日光を反射して、それこそ金属的な色合いに。
錫(すず)!錫色だよ!
おお~~~錫投げ王子~~~!w

でも、ここまで書いて気が付いた。

これ
(すずなげおうじ)って読むんじゃなくて、
(しゃくなげおうじ)って読むんじゃないか?
それこそ僧侶が杖みたいに持ってるやつ、錫杖(しゃくじょう)って言うじゃん。
同じ字だわ。

・・・・。


いや、錫(しゃく)だって投げるなよ、と言う話なんですが・・・。


結局どっちなのかは分からずじまい・・・。



王子が岳
カフェは 王子が岳 belk さん

ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行

【2018/06/29 09:37】 | 倉敷市
【タグ】 岡山  岡山県  
トラックバック(0) |

Re: NoTitle
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

今回の事で「王子」のことが俄然気になりはじめました。
正直、今まで王子信仰の事はスルーしてきてたので、王子が岳のことも全然結びついてなかった。

実はあけぼうの地元にも王子神社があり「王子町」という地名がwww
なんで王子なんだろうとずっと不思議だったんですけど、特段調べようとも思わずw
これほど灯台下暗しな話があるでしょーかw

玉さんの暴れん坊将軍の推察は多分あってると思います。
御三家だから、なにかとご縁がありそうですよね。
うちの町の殿さまも譜代大名なので徳川と無縁という訳でもないかも。
気になるなあ…今度行って見てきます。


NoTitle
玉坂めぐる 
王子信仰って、気になる気になる。
東京の王子というところは近所なのでよく遊びに行きます。例のダビンチ顔の石垣とかあるところ、王子神社が、あるのでついている地名だと思います。この神社は徳川八代目の暴れん坊将軍が紀伊の出身だから、地元和歌山熊野からつれてきた神様なんだと思います。江戸以降の王子信仰の地ということだということ。
ここの王子は同じ王子かな。それとも全然由来の違う王子かな。役行者は後付けかな・・・。不思議不思議。気になります。

Re: NoTitle
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ほおお~!そうなんですね!(残念ながら見逃してました)
島に一軒家で住むとかすごい・・・。
埼玉には実際、高句麗の人たちが住む集落があったらしいです。
今でも高麗神社とか、その名残っぽいのがあるし、
先日の地名の本にも載ってました♪
それやこれやを考えると・・・あるかも~~~って思っちゃいます☆

Re: NoTitle
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ、すごく近いです。玉野の博物館の前に藤棚があるのを覚えておられますか?わたしは王子が岳のあと、そこで藤の花を観ましたw 博物館にも行こうと思ったんですが、急な呼び出しでそれどころではなくなり帰宅する羽目になってしまったので、その点は心残りです(^_^;)最近、鷲羽山とか王子が岳とか、海の見える高い丘に良さげなカフェが続々と出来ています♪

NoTitle
misachi68
今日、たまたまTV『ポツンと一軒家』に
瀬戸内海の島にお住いの方出てましたね。
それと、埼玉の山奥の方で
1300年前に先祖が高句麗から来たんだって話もあって、
どっちもごっちゃになって、
あるかも〜〜〜って思っちゃった(^-^;)

白村江の戦いで来たかもしんないねw
歴史ロマン(ღ′◡︎‵)

NoTitle
へろん
こんにちは~。
岡山には縁があるので記事を拝読してちょっと調べてみたらびっくり。このあたり、玉野海洋博物館に行ったあと走ってました。知ってたら立ち寄ったのに(^^;)
それにしても日の王子とか谷の王子というのも、何かもうちょっとなかったんかい、という感じですね。英訳するとPrince Hiですか(^^)

Re: こんにちはー
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

あははww ほんとだ!ほんとだわー!

こういうところに、
わたくしの根深い英語ぎらいが出てしまってましたw

映像としては見ていても、脳に達してないのですよねwww
読み方・・・瓶割(かめわり)なんですね!

こんにちはー
小々次郎
日頃から説明板を英語の方で読む癖がついてる自分には読めましたよ(嘘)prince hazuwari prince kamewari、 prince suzunage 夕日を反射した海は錫でまちがいないですね^^


コメントを閉じる▲