FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
すこし前。

福山市・鞆の浦のいわゆる観光エリアから少し離れた場所、

沼隈半島の先端、

阿伏兎観音(磐台寺)に行ってきました。

このあたりは瀬戸内海国立公園内のひとつとして、
ガイドブックでは鞆の浦界隈と一緒に紹介されがちですが、
実は意外と離れているので、車がないと行きづらいところです。
(バスもあるけど、便が少ない)



浮世絵にも描かれた名勝。



駐車場はこんな感じ。さらに200メートルくらい行くともう1ヵ所4~5台くらいの駐車場もあって、どちらも無料だけど、満車だと戻ってくるのがめんどくさいし、ここで停めて歩いて行くほうが楽しいと思う。



こんなふうな道だから、歩くのも楽しい♪
本当に久しぶりに海に来た。すさんだ心にしみわたる波の音。



道から海を見下ろすとこんな感じ。浅い。水も綺麗です。



あっという間に磐台寺に到着です。
ちなみに臨済宗のお寺だそうです。



手前に味わい深い境内図。いいねー。

階段を上っていくと、まっすぐその先には、



格式高そうな門。
でもここは通れないので、左の社務所側を通って境内に入ります。
(大人100円でございます)



境内に入ると、桃山時代の様式で広島県指定重要文化財でもある「客殿」。


(クリックで拡大)

毛利輝元さんが、今の形にしてくれたみたいですね。



こちらのお寺で有名なのは、この先にある観音堂。
岸壁の上に建てられていて、昔はランドマークみたいになってた。
奇勝・景勝として、浮世絵にも描かれたくらいです。

アイキャッチ
(歌川広重の浮世絵)



石垣も桃山時代なのかしら・・・
台風などの影響をもろに受けそうな立地なので、
もっと最近修復されたものなのかな。そのあたりはよく分かりませんでした。



朱色の回廊の勾配w



とはいえ、階段はそれほど長くないから、心配ありません。



お堂の周りは土足厳禁なので、ここで靴を脱ぎます。
写真ではわからないんですが、この板の廊下、ちょっと斜めなんです。



ボールを置いたらコロコロ転がって海に落ちちゃうであろうくらいに、海に向かって傾いてるw
高所恐怖症の人はちょっと怖いかも。



下のほうに「足摺さん」があります。あとで行ってみる。



観音堂からの景色は素晴らしい!



足元はこんな感じ。岸壁の上に建ってるから・・・。



観音堂にまずはお参り・・・(。-人-。)

周りにはおっぱいがいっぱい。
ここは昔から航海の安全や、子授け・安産の祈願所としても有名で、この時も若い夫婦が来てました。



天井の絵も風化したとはいえ美しいです!



おっぱい絵馬もたくさん奉納されてました。
奉納したい人は、前もって社務所で購入しておくべし。



さて、お次は「足摺さん」と呼ばれる石塔のほうへ行ってみたいと思います。



こっちはお堂より海が近くて、それはそれで気持ちがいいです。



「足摺さん」って愛称的なものかと思っていたら(「お稲荷さん」みたいに)、石塔に「足摺」って書いてあった。
それにしても、この仏さんに載せてるコインの置きかた。も~誰だよw



ここからのほうが、「阿伏兎観音」の全体像を撮ることができます。
なかなかいい雰囲気。浮世絵の題材になるのも納得。

上の広重の浮世絵とはちょっと違ってますね。
浮世絵のほうは清水寺みたいな建て方だけど、江戸時代はそうだったのかも。

半島の先に朱塗りのお堂が建ってるさまは、
航海の良い目印になったんだろうなーって思います。

阿伏兎観音、とても素敵なお寺でした。
この日は休日で天気も良かったせいか、常に2~3組の参詣者がいましたね。

そして御朱印~。



あと、おっぱい絵馬を奉納しなかった代わりにお守りを買いました。



御朱印のはさみ紙が可愛かったので、一緒に撮影♪


阿伏兎観音へ行くには、
福山駅から車で30分程度。
福山駅からバスだと50分くらい。
鞆の浦・阿伏兎クルージングっていうのもあります。
鞆の浦と尾道を結ぶクルージング(瀬戸内クルージング)もあります。
こちらも阿伏兎観音を海から眺めつつ、尾道へ行けるので観光に良いかも。
※いずれも今はコロナで中止してると思いますので、
 再開してるかどうかは事前確認が必要です。



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2020/04/28 12:22】 | 福山
【タグ】 しまなみ  ご朱印    広島県  瀬戸内  
トラックバック(0) |

Re: Re:阿伏兎観音
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

景色が良くて、たのしいお寺です♪岸壁の上とはいえ、東尋坊みたいなレベルの高さじゃなくて、釣り糸を垂らせそうな高さなのもイイでしょw 
同じタイミングで参拝に来てた若い夫婦もきゃっきゃっしてましたw
おっぱいのお守りもわかりやすくて良いですよね。
このお寺は地元でも安産祈願の「おっぱい観音」として知られてる感じです。
妊婦の友達にお守りを買っていくとか、よくあります。



Re:阿伏兎観音
misachi68
すごい景色ですね(*´∀`*)
床板の傾いてるのは写真で見てわかりますよ。
ちょっとしたアトラクション気分になりそう。

海が近い立地を活かしてさらに海に臨む感じが素敵です。
お守りもいいですね。



コメントを閉じる▲
ちょっと思い立って、昔の写真を整理していたんですよ。

写真整理

そしたらアルバムに雑多に挟んであったネガフィルムの束の中から、

ぽろっと

おふだが出てきました・・・。おおっ。


見れば、亡きお爺ちゃんが四国の寺で頂いてきたおふだでした。


わたし、小さいときに入院していたことがありまして。
その病気平癒を祈願したおふだだったんですね~。裏面にそう書いてあった。
(ぶっちゃけ大した病じゃないんですけどw)


おふだには、「四国霊場第六番札所安楽寺」とあり、
さっそくネットで調べてみました。

安楽寺は徳島県板野郡上板町にある高野山真言宗の寺院。四国八十八箇所霊場の第六番札所。温泉山瑠璃光院と号する。本尊は薬師如来。大師堂前から湧き出る宿坊の温泉とラジウム鉱泉入りの薬湯も有名である。(Wikipediaより引用)



おいおい

爺ちゃん・・・

あんた・・・


寺のチョイス最高だな
(≧▽≦)

アイキャッチ



あれから何十年も経ったけど・・・
これはいつかお礼参りに行かねばなるまいよ・・・w


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

【2020/04/20 12:00】 | つぶやき
【タグ】 日常  日記  不思議    旅行  四国  
トラックバック(0) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

行かねば。
またこれが、なかなかの奥地なんだけどもw


Re:遺伝かな
玉坂めぐる 
ぐふふ。遺伝とともに、お参りやおふだの念も
病み上がりのチビあけぼうちゃんにはいっちゃったんだね。
行くべし。(^へ^)

Re: Re:遺伝かな
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

どう考えても祖父遺伝w
わたしも行ってみたいな~と思って地図で見たら結構遠い。
祖父はよくバスツアーみたいなので八十八カ所巡りやら色々行ってたんだよね。
今生きてたら色々と情報交換できてたんだろうな~。

Re:遺伝かな
misachi68
わはは(^■^*)
遺伝ってすごいわぁ。
好むモノが似ちゃうってあると思います。
お礼参りでいいお湯に入れそうですし、
コロナ収束したら是非♪

コメントを閉じる▲
金沢観光の真っ最中です。
前回の妙立寺(忍者寺)を大興奮で見学。

あらためて。
忍者寺のある、この界隈「寺町寺院群」ってところなんですが・・・



つくづく、これだけたくさんあるってすごいよね。
わたしの田舎なんて寺がひとつしかない島だからw
なんかすげ~って思っちゃう。
これだけいろんな宗派とお寺がある中、
どういう経緯でその寺の檀家になったんだろ。
ファミリーヒストリーがたくさんあるんだろうね。

残念ながら、寺院群のお寺をひとつひとつチェックしていく時間は無くて。
なんとか妙立寺の斜め向かいにあるお寺だけ、ササッと見に行って来ました。
西方寺というお寺です。

そしたら、なんと気になる記述があるではありませんか。



こちら、「飴買い地蔵」の伝説があるんだとか。

母親とともに葬られた赤子を地蔵が憐み、飴を買い育てたという「飴買い地蔵」の伝承がある。
地蔵を削り煎じて飲ますと子供の病気が治るという話が広まって皆が削るので地蔵堂を建てておまつりしたという。



こちらでは女の人じゃなくてお地蔵さんになってるけど、
「飴買い」の話って本当にいろんなところにあるよね~~~。
京都でも、松江でも、金沢でも。

このお地蔵さまは、門前のお堂に祀られていて、なんと、じかに見ることができます。
みんなが削ったせいなのか?ちょっとボコボコしていて、味わい深いお地蔵さんでした。
バチがあたりそうだから写真は撮れなかったよ。



ちなみに西方寺は、前田利家の六女で
産まれてすぐに豊臣秀吉の養女となった菊姫の菩提寺なんだとか。
7歳で亡くなったんだそうです。かわいそう。

こんなかんじで、お寺ごとに
金沢の歴史にまつわるいろんなエピソードがあるとしたらすごい。


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2019/08/07 09:30】 | 金沢
【タグ】 旅行  観光    金沢  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おお~!西方寺だけじゃないんですね~。
これは金沢もゴーストツアーを催行できそう。

俵屋のあめ、お土産に買えばよかった。ちょっと後悔。
買うなら瓶詰めのじろあめが良かったけど、
これ以上重くなるのもなあと思ってやめたんだよね。



misachi68
飴買い幽霊の話は金沢のあちこちにありまして、
私が通った小学校のそばに『あめや坂』と名の坂があったり、
同様の伝説のあるお寺が4つか5つかあるみたいです。
で、お話に出てくる飴屋さんは
金沢名物の『俵屋のあめ』じゃないかって
この辺の人はみんな信じてるw

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうなんですよ。
「飴買い」久しぶりだ~!
鬼太郎は複数いる説もあるかも~。

一見、別人格のように活動しているのだが、
彼等は実は地下世界で繋がっているのだ・・・。

あれ、だんだんキノコみたいなイメージになってきた。
おかしいな。


玉坂めぐる 
おお、金沢にも「飴かい」が…。
「墓場の鬼太郎」が、そのあとあちこちの墓から這いでてくるかもしれないね。
っていうか、水木サンの境港は近いといえば近いから(^△^)あれ、ここの子なのかな?

コメントを閉じる▲
金沢。
1日目のハイライトは、妙立寺。
通称「忍者寺」です。

にし茶屋街から行くと、裏門から入るような形に。


(裏側の門から入ります)

実は今回のメンバーで、わたしだけここに来たことがあります。
その時こちらのお寺のおもしろさに大興奮したので、
金沢に来たなら、絶対みんなここに連れてきたかった。



こちらはお寺の正面の門。



本堂の前には順番待ちの人達がわんさか。
こちらの見学には予約が必要なので、行こうと思われる方はお忘れなく。
わたしも数日前に気づいて、慌てて予約しました。
当日でも最終枠はまだ大丈夫みたいでしたよ。



待ち時間、境内の小さなお堂で一休みしてました。(ベンチがある)



せっかくなので、仏様に水をかけて、
自分の身体の悪いところと同じ部分をせっせとタワシでこすったり。
有意義に待ち時間をつぶしておりましたw



しかし、痛恨の極みなのが
「本日の御朱印は締切ました」の貼り紙だよ~っ
見た瞬間、膝から崩れ落ちそうになったよ。

わたし、神社と違ってお寺の場合は
宗派によって御朱印って頂けないところもあるし、
そういうのはあまり期待せずに、この寺院群界隈に来てたんですよ。
でもこれ、「うちの寺では御朱印はやってません」って言われるより、
ある意味ダメージでかいw
だって同じ日に頂けた人もいるんだもんねw
いったい何時ごろ締切ったんだろうか。
にし茶屋街でうろうろせずに直行してれば間に合ったのだろうか。
授与所のお姉さんは外国人対応で忙しそうだったので、
それ以上聞けなかったけど・・・。

ま、テンション下がったのはその時だけで、
中を見学してたらあっという間に忘れちゃいましたけどね。

とにかくこの妙立寺。
あちこちに色々なからくりがあるお寺なんです。
それが「忍者寺」ってう通称の由来なんだけど、
特に忍者と関係はないんですよ・・・って、
ガイドの人もやたらそこを強調してましたw

江戸時代、三代目・前田利常公の時代、
加賀藩って百万石の外様大名として、
幕府から相当目をつけられてたそうなんですよね。
藩を取り潰す機会を虎視眈々と狙ってきていたようです。
当時はマジに討たれる5秒前☆・・・くらいの緊張状態だったそうで、
利常公はうつけのふりをしてみたり、色々と努力をしてたらしいです。

でも、その一方で、
本当に幕府とたたかう事になった時の為の準備の一つとして
このお寺をいざってときの軍事拠点として使えるように
ひそかに整えていたんだそうです。

当時は3階以上の建物を建てちゃいけないっていう命令があったので
外観は2階建て、だけど実際の内部は4階建て7層の建物。

もうこれだけで、どういうこと!?って感じだけど、
うまいこと入口だってわからないようにカモフラージュしていたり、
敵の襲撃に備えた防御のからくりだったり、もうすごい!

とはいえ、イカツイだけの施設じゃなくって、
もちろん通常はお寺なわけだから立派な仏像があるお堂があるし、
一般の庶民もお参りに来るし。
ちょくちょく来訪するお殿様をお迎えするためのしつらえもある。

だからもう、柔と剛の緩急がすごいわけなんだよね。
戦のために工夫された構造に「ひえ~!」って思った直後に、
「こんなとこに、お殿様用のこじゃれた茶室が!」
「と、思いきや、隠し階段~~~!」・・・みたいな。

しかも、数が多い!
もう終わりかな?と思わせておいて、もうひとひねりある。
とにかく濃い!

なかでも、いよいよ絶体絶命となった時に、
火を放って自害するために用意されていた、
閉めてしまうと内側からは開けられない構造になっていて、
死を表すという四畳の「切腹の間」には、
さすがにシビアすぎて言葉を失いましたわ・・・。

わが母の、この一言までは・・・

「うちも、こんなん造ろ~か~
 あんたを閉じ込めて反省さすための、反省部屋として」


ひでえww

如実に示すよね、わたしの家庭内での地位の低さww 
いい歳してオカンにこれを言われるっていう・・・w
まったく、荷物だって持ってあげてるのにさあw

ま、そんなことはともかく、
梁などの木材が曲がっていて、北陸の気候にあった建て方になってて
きっと、そういうところも建築好きの人にとっては注目点だろうし、
これだけ年月を経ても、
何十人も建物内をウロウロしていて平気な堅牢さにもビックリだし、
(ところどころプヨプヨしてるところはあったけども)
色んな意味で木造すげぇ~と思いましたね。

ほんとに妙立寺(忍者寺)は金沢に来たら絶対行った方がいい。
見学には1000円かかるけど満足度はバッチリ。おすすめ!
特に建築に興味ある人は、楽しいと思います。
見学には事前予約、これ、わすれないでね!





見学1000円と聞いたとたん、見学者の人数を数えだすうちの家族・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2019/08/01 17:27】 | 金沢
【タグ】 旅行  観光  金沢    御朱印  建物  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ここは金沢の観光地で一番気に入ってるとこかもしんない。
うん。予約忘れずにw



玉坂めぐる 
わあ、いいなあ。
加賀藩大変だなあ。
なんか理由付けていつか行こうと思います。

で、事前に予約ね。予約。メモメモ。

Re: タイトルなし
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ありがとうございます。8月に入ったので夏らしくしてみました☆

お寺はちょっと難しいですよね。
様子の分からない地方に行ったときは、やはりお寺よりは神社の方を探すかも。

忍者寺は地下でお城と繋がってる・・・っていう言い伝えもあって、
(証拠は見つかってないんですが)
へろんさんが仰る通り、切腹の間のいわれもフェイクで実は逃げ道が隠されてる、ってパターンもあるかも。そう思わせるくらい、込み入った仕掛けのある建物だから・・・。


へろん
こんにちは。
トップのカモメ、素敵ですね!

お寺って御朱印の対応が結構バラバラで、分からなくてもらい損ねたり、難しいところもありますよね。

それにしても「忍者寺」、特徴的で面白いですね。
内側からは開けられない「切腹の間」って、切腹したと見せかけて実は落ち延びて・・・という展開が望めなくなるのでは、と思いましたが、公式には開けられないとされていても実は隠された脱出口があるという、もう一段階裏の設定があるのでは、などと想像したり。

Re: 金沢・富山旅6 ☆妙立寺~忍者とは一切関係ないけど忍者寺
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに!茶屋街もいっぱいだし失いたくないわ〜w

天井はやっぱりちょっと低いですけど、違和感を感じるほどではなかったかも。
あと記事には書いてないですけど、お殿様用のハンパない座布団があって、ちょっと笑ってしまうという・・・(笑
いろんな要素満載の良い観光スポットでした(^O^)



こんばんは
小々次郎
行間に興奮が挟まっていますよ^^ パッと見2階建なのに実は4階建って 天井低いのかな 優雅にお茶たててる時も 内心ビクビクしてたんですかね 誰も信用できないお殿様って気の毒ですけど 茶屋街がたくさんあって楽しいし 百万石ですもんね このポジションは誰にも渡したくないし ずーっと続けていきたい お坊ちゃんの必死が詰まったお寺なんですね でもほんとの最後は武士として死にたい プライドの高さも感じます


Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに、子どもが狭い所に入り込んだら、
ちょっとやそっとじゃ見つからないかもしれない。
それくらい迷宮だもんね。こわい。
それにしても、「寺」と「戦」っていう、
両極端の設備が
こんなにギュっとつまった昔の建物って他にないですよね。
わたしも20年ぶりくらいだったんだけどすごく面白かった。
うちの家族も大満足でした♪




misachi68
忍者寺は30年ほど前に行ったっきりでしたが、
ワクワクしてまた来たいって思いました。
子ども一人では見学できないんですってよ。
発見が難しい小部屋なんかに入り込んでしまったら
出てこれなくなっちゃうから、って。
そうだよね〜〜テーマパークのアトラクションではなく、
生死をかけた本気の逃げ道なんだもんね。

コメントを閉じる▲

金沢・にし茶屋街から、歩いてすぐ。
お寺がいっぱい点在している「寺町寺院群」というエリア。

これ、通りにあった案内看板を撮ったものなんですけど、



このとおり寺だらけ!すごいね、ホントに「群」だね。

さて、お目当ての「妙立寺」へ向かうと、
そのすぐ隣に「願念寺」というお寺がありました。



こんなかんじで門前に解説板がありました。
境内には松尾芭蕉の句碑が立っているんだとか。



「塚もうごけ我が泣く声は秋の風」

これは、芭蕉が奥の細道の旅の途中、
弟子・小杉一笑の死を知って詠んだ句だそうです。
哀惜の情にたえない気持ちがストレートにグッとくるよね。さすがです師匠。

その、小杉一笑の辞世の句
「心から雪うつくしや西の雲」 の句碑もあるんだとか。
自分だったら死ぬ前にこんな境地になれるだろうか。
多分無理だろうな・・・。

そして願念寺で、



なによりも、目を引いたのが、このおしゃれすぎる石垣です。



いつの時代の石垣なのか等、詳しい事は全くわかりませんが、
これ、すべてナチュラルな石の色・・・ですよね。
この積み方といい、色の配置といい。素敵すぎる。おしゃれ~。

金沢というと、
よく金沢城の見どころは石垣だというのは聞いたことがあるけど、
まさか寺院の石垣でも魅せてくるとは驚き。


次こそ妙立寺に行きます~つづく。


この「寺町寺院群」界隈に来るなら、
駐車場はほぼ無いと思っておいた方が良さそう。
あ、でも近くの「にし茶屋街」にはすこし駐車場を見かけたので、
車で来る場合は、そこに停めてから徒歩ってことになるのかな~。
混むかもしれないけど。

ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2019/07/29 00:41】 | 金沢
【タグ】 旅行  観光    金沢  
トラックバック(0) |

Re: おはよーございます
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

ですよね、天然石なのが素晴らしい。
かなり豪華な石垣なんじゃないかなって思います。
雨の時も見てみたいですよね~。
色が濃くなるんだろうな~。
いいな~。



Re: NoTitle
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

この石垣はわたし史上、歴代1位の素敵さだと思ってる♪

たしかにこの界隈はわたしも車は絶対ムリwww
街並みとしてはイイ感じだけど、日常生活には不便も多いよね。
しかも観光客は常にウロウロしてるし、
ご親戚もいろいろストレスが多かろうと拝察します。



おはよーございます
小々次郎
天然石ってのが素晴らしいです
配色が紫陽花を連想させます(自分だけ)
雨で濡れると一層鮮やかになりそうです^^

NoTitle
misachi68
あら、こんな綺麗な石垣のお寺さんがあるんだね〜
やっぱり地元民の方が知らないことだらけかもしれないw

この寺町には親戚の家もあるんだけど、
指定された場所に車を駐めるのも狭過ぎて
私には無理ww
昔の町並みが残ってる地域は本当に
車の生活が難しいよね。

コメントを閉じる▲