FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
今回は、イタリア、MUVEをご紹介です。

ベネツィアにある自然史博物館です。

イタリア 

化石から動物から昆虫から水生生物まで、展示されているものは様々で、
オンライン展示をざっと眺めるだけでも充実してるな~ってわかる。

さすがイタリアといいますか、展示にアート的なセンスを感じることも。
これとか。これとか。これも可愛い。こういうのもカッコイイ。

でも何より個人的に大注目なのは、
植民地時代の貴族や好事家のコレクション。
今となっては悪趣味ともいえるモノもあるのだ。

この椅子・・・!今だったら絶対にありえないやつ。

苦手な人は見ないで欲しいのですが、キメラ系の展示も少しあって、ドキドキします。
きっと貴族が金にあかして買い集めたんだろーね。
バジリスク(仮)とか、あれだよね、日本でいうところの魚の骨や木で作った河童のミイラ的な・・・

これなんて、人魚のミイラだよね。こういうのも日本にもあったよ確か。
人魚にたいして今のわたし達ってファンタジックなイメージだけど、それってきっと、アンデルセン童話やそれをアニメにしたディズニーの影響が強いせいであって、実際、当時の彼らの想像だと、こういうモンスターな姿が当たり前なのかもね。
しかしそうと分かってはいても、可愛げのかけらもなくてギャップ半端ない・・・w

この頭が2つの子牛も、
まわりに蝶々を飾って(飾るっていうか展示なんだけど)
ちょっと可愛く仕上げられてるのが怖い、逆に怖いwww

いや~。こういうのもあるんですね。面白かったです。
こういうの目当てにヨーロッパの博物館を探したら、他にもあるのかもな・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ  
関連記事

【2020/09/23 17:00】 | 妄想旅行
【タグ】 旅行  博物館  妄想旅行  
トラックバック(0) |


玉坂めぐる 
ベネチアらしい感じ。悪い人魚もきっとたくさんいたんだろうなあと思います。
交易も盛んだから、珍品博物どっさりありそう。つくりものも本物も生きてる怪物だって行き来してそうな気がします。楽しいね。
そんで、小々次郎さんの見た傘立て! 私の友達のうちにあります! ガラガラガラと開けたの玄関のたたきにホントに「傘立て」としてずっとあるそうです。爪がついててびっくりしました。思えばあの町も古くからの港町。アジア象かアフリカ象か、今となってはわかりませんが…とにかく一時期、世界で喜ばれたお土産品だったんでしょう。(^^:)でもかなりの珍品だと思います。

Re: おはよーございます
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

えっ(・・;) それって生身の足を乾燥させたものってことですか!?うげげっ。
しかも成金の家でなく王宮って所が、文化的な違いを感じずにはいられないですね・・・。
向こうは向こうで鯨食う奴らに言われたくないって思うかもしれないですけど、うちら鯨でそんなことしませんもんね。日本でこれに相当するものがあるだろうか・・・ふぐ提灯とか?違うか・・・。


おはよーございます
小々次郎
15年ぐらい前にマレーシアだったかシンガポールだったかに行った時に王宮を見学したんですけど 象の足を下から50cmぐらいのところで切って中身をくり抜いてあるのが玄関に置いてあったんで 何?って聞いたら傘立てだって云うんです 悪趣味すぎて戻しそうになりました 金持ちの行きすぎたセンスは見てられないけど人魚自体に罪はないハズです^^



あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

博物館のイメージ、こんな感じでしたかあ。
わたしは昔から飽き性なので、子どもの頃は博物館の解説を読んで実物見て・・・っていう反復がしんどくてw 基本「考えるな!感じろ!」派だったので、さ~っと見て回ったら、もういいや、ってタイプでしたあ(^^;)

人魚は、ロングヘア―の後ろ姿で海の男たちをドキッ☆とさせておいてからの・・・振り向いた時の衝撃ww この驚かせかたはもうホント、妖怪だよねww



misachi68
子どもの頃、博物館って不気味なイメージ持ってたような気がするけど
きっとこういうイメージ。
これは何なの?と、いちいち説明求めないとわかんない。
面白いわぁ。
人魚姫のイメージが音を立てて崩れていくね。
パイレーツオブカリビアンでも怖い人魚出てたし、
小説でも人魚の肉食べて不死身になっちゃうの読んだし、
最近はもう人魚は妖怪だと思ってる。

コメントを閉じる▲
今回はアメリカの Bureau of Indian Affairs Museumを閲覧~。
アメリカのネイティブアメリカン関連の文化財を展示している美術館なんだそうです。
(それにしても、インディアンってもう言っちゃいけない言葉なんだと思ってたんだけど、本家でIndianの表記が出てくるとは思わなかった)

アメリカ 場所 インディアン イラスト ネイティブアメリカン 

以前、ホピ族のカチナ人形を見て以来、アメリカの先住民族の文化にも少し興味が。
あと「縄文人 アメリカ大陸」とかで検索していただくと色々出てくるんだけど、彼らの遺伝子が、縄文人ととても近いらしい、っていう説もあって、気になるところなんだよね~。

ちょっと高知の民芸品「鯨車」を思い出したのがこれです。いいなこの額。ちょっと欲しいかも~。
これも日本の民芸品にありそうなやつ。
どれも比較的新しい作品だけど、この絵の右下のやつも、博多の「にわか」を思い出す。

鳥を抽象化したようなものなんだけど、なんか目があうしw それに色々な別のものにも見える気がして、なんかじ~~~っと見てしまう。妙な魅力・・・。このフクロウの面も青のラインが効いてるんだよね。このカラスも独特~!ていうか、言われなかったらカラスってわかんない。でも謎の魅力・・・なんか見ちゃうんだよね。

出てきたぞ~土器っぽいもの。ただ、いつごろのモノか書かれてないので、結構新しいかもしれないからなあ、何とも言えない・・・(^^;) 解説では雲母ポットって書いてる。「体全体と縁の周りに雲を発射します」って・・・翻訳ww

のモチーフ結構出てくるんだけど、やっぱりこちらでも神聖な動物なのかね。
亀さんカワイイ!亀はどこの文化へ行ってもビジュアルがブレないよな~。そもそもオリジナルの形状が独自路線を突っ走ってるからデフォルメしても絶対わかる。

こういうの見てると、ちょっと文様とか「っぽい」感じがしてくるね。でもこれも年代は最近っぽい。BIAのコレクション全てが、とは言わないけど、どうやらオンライン展示に限って言うと、最初に期待したような古い文化財というよりも、ネイティブアメリカンの人たちの伝統に裏打ちされた感性を、彼らのアートから感じてくれ、っていう感じかな?って思う。
純粋にアートってことなら、このが好き。これとかこれなんかの木彫りシリーズも好きですね~。



ワシントンDCから車で30分くらい?になるのかな。
ここの周りはやたらとゴルフ場がある・・・・。
ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事

【2020/09/19 22:54】 | 妄想旅行
【タグ】 旅行  博物館  妄想旅行  
トラックバック(0) |

Re: Google Arts & Cultureで博物館めぐり~BIA
あけぼう
misachi68さん( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

縄文人との繋がりはまだ近年言われだしただけだし、諸説あるなかのひとつでしかないけど、めっちゃロマンあるから、ついついそのフィルターで見ちゃうけどw でもちょっと似たものを感じるよね〜。
カラスはわたしも思ったw こういうの大好き。



misachi68
やっぱり縄文人のルーツと関わりがありそうですね。
独特のセンスも日本にあってもおかしくないものがありますね〜
でもカラスは笑ってしまったわw
ふざけてるのかと思ったよ(*´∀`*)

コメントを閉じる▲
今回はモンゴルのボグドハーン宮殿博物館を閲覧~。

モンゴル 


まずここはどういう場所なのかってことなんだけど、モンゴルってチベット仏教が浸透してる国らしいんですよ。
で、チベットに活仏として「ダライ・ラマ」がいるのと同じで、モンゴルにも活仏として「ジェプツンダンバ・ホトクト」っていう宗教上の名跡があるそうなんです。

しかも宗教家としてトップにいただけじゃなくて、20世紀の初頭、ジェプツンダンバ・ホトクト8世は、モンゴルの君主(ボグド・ハーン)として、モンゴルの国を統治していたんだそうです。そんな古い話でもないのに全然知らなかったよ。

その後、ご存じの通りモンゴルは社会主義国になって君主制は終わっていくんだけど、ここはそのジェプツンダンバ・ホトクト8世の死後、住んでいた宮殿を改装して作られた博物館で、モンゴルの文化財をコレクションしているんだとか。

いきなりカッコイイ門
てっぺんに太陽みたいなモチーフと左右にヤギさんみたいなのがいるのが可愛い。いや羊?モンゴルだし。
宝石を吐くマングースとか仏教の霊獣でも日本とはやっぱ全然違うな。
しょっぱなから楽しい。

それにしても、こういう仏教の守護神って書かれてるのは、日本でいう十二神将みたいなものかな? 我々の知る仏教とチベット仏教ってどれくらい違うんだろうか? でも共通の仏さまがいるはずだよね? もし共通の仏様だったら、ビジュアルや設定にどんな違いがあるのか興味あるなあ。これもなんだか、似たような仏さんを見たことがあるよーな、ないよーな・・・。

アニメに出てきそうな短剣!物語の鍵をにぎるやつだよこれ。凝ってる・・・。

この絵は楽しいね。ズームしてみてみると、中の広場でモンゴル相撲をやってるよ~!
こっちも馬だらけでさすがお国柄。展示品に馬具も多いしね。

昭和の頃って、ちょっとモンゴルの草原に憧れる風潮が、ありましたよね?
同じ蒙古斑がお尻に出る民どうし、変なシンパシー持っちゃったりしてw
モンゴルといったら、わたしは竹宮恵子先生の漫画「天馬の血族」を読んでたから、そのイメージが強いなぁ~。
平成に入ってからは、相撲でモンゴル勢にやられっぱなしなせいか、逆に関心が薄れてる気がするw あっちのほうって、今コロナはどんなかんじなんでしょうね?


雲 ライン


グーグルマップで博物館周辺を調べてたら、意外と周りには中華だったりイタリアンだったり、オシャレカフェもあるんだね。やっぱり宮殿だから首都の良い場所にあるんだな。ちなみに「モンゴル料理」で検索したら、ボグドハーン宮殿博物館からは車で20~30分くらいかかっちゃうけど、このKhaan Nomadsが出てきた。好きな食材を選んで焼いてもらえたりするんだって。苦手なものは食べずに済みそうだし、楽しそう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

【2020/09/17 18:38】 | 妄想旅行
【タグ】 旅行  博物館  妄想旅行  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi86さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わかるわかる!!ww
わたしもWikipediaで調べて大混乱したw いまだに理解しきれてないよー。
でも確かに、民族衣装とかもちょとチベットと似てるんだよね。山岳と草原なのに不思議なようだけど、地図を見ると、南からチベット→新疆ウイグル自治区→モンゴルと、このへんが多分宗教上ひとつなぎな感じなのかな?って印象を受けた。 とうとうモンゴルにもこういうニュースが出てきてることからも(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO63816840U0A910C2910M00/)やっぱこの辺のエリアはひとつの文化圏なんだろうなって思った。



あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そうだよね、あのアンコールワットとかにある、あの色っぽい壁面の像は、確かに考えてみたら仏教徒には刺激強すぎだなあw いいの?修行の妨げにならない?って思うけど(^^;) 
いろいろな神様が地元風に定着していくのを追うのも楽しそうだよね。日本では七福神になっちゃってるわけだしw そういう本とか無いかなあ。

このモンゴル料理店はほぼファミレスだよねw もっと、こってり民族感出した店の造りかと思ってたから良い意味で予想を裏切られた。 巨大ジンギスカン鍋?で豪快に肉を焼くとテンションが上がりそうだよね。


misachi68
守護神のお顔にある第三の目が怖いわ〜
カラフルだねえ。
やっぱりモンゴルって相撲見てるといっぱいいるけど、他の人々のこと知らないから
相変わらず私のモンゴルへのイメージは
『スーホの白い馬』とチンギスハンって感じです。
チベット仏教がよくわからないので
Wikipedia見てみたら余計にわからなくなっちゃったわw


玉坂めぐる 
ご紹介のモンゴル料理店、ポップな感じだね。巨大な鉄板、ジンギスカン鍋みたいに傾斜がある(^^)これは、お店の人が焼くのかな、自分でやるのかな。面白そう。
チベット仏教の神神はやっぱりカラフルでつよそう。肘がいっぱいとか、動物合体系の方々はやっぱり、ヒンズー教由来の感じがする。 全然詳しくないから以下、妄想だけど、カンボジアのアンコールワットとか、もともとヒンズーのお寺壊したヤツなので壁面にヒンズーの半裸の女神とかそのままあるのに、そのあと中心に仏像が安置されるでしょ。で、のちのちの人には、ヒンズーのお姉さんも仏教ものに見えちゃうよね。日本だと天女になるのかな。禁欲的なタイやカンボジアの仏教に本当にあの色っぽいお姉さん、違和感あるんだけどね。でもそこにあるのだもん。しょうがない。仏教伝来ってヒンズーを引っ張りながら地元の信仰との融合とか、そんな誤解とかそれぞれの地で形になって…結果個性バラバラでなんか愉快だなあって(^^)チベットはカラフルぅ。さらにモンゴルぅ。楽しいです。


コメントを閉じる▲
おうち時間。Google Arts & Cultureで世界の博物館めぐり~♪
今回は、ウクライナ。

文化財保護区みたいなところにある「聖ソフィア大聖堂」のフレスコ画たち、です。


教会 

でもごめん、本当は大聖堂とかよく分かんないんだ・・・。

たまたま、訪れて、
おおーなんか教会のフレスコ画の資料がいっぱいだね・・・
なんて、つらつらと眺めていたのです。

わたし、コッチ方面の教養がないからあまり楽しめないのよね。
アートとしてどうなのかっていうのも、なんかよく分かんなくて。

と思ったら、発見!

妙な人
がいる~~~!!!

左左! え。これ人間???
なんかアマビエみたいなくちばしあるけど・・・。

他にもあるかも!と思い、最初からちゃんと閲覧。動機が不純w

ウクライナっていうと「美人の産地」というイメージしかないんですけど、
ただ、具体例はあまり出せなくてミラ・ジョヴォヴィッチくらいなんですが(^^;)
しかも美人はよく聞くけど、美男の産地かどうかは知らない。
美男は? 美男はおるのかえ?

こういう宗教画に出てくる絵も、やっぱり地元民の顔に近くなってくるのかね?本来はたぶん中東の人っぽい顔つきのハズだよね? 聖書の登場人物って。
日本の仏像とかも、時代が下るごとにエキゾチック感は消えて平たい顔になるもんね。だんだん地元顔に寄っていくんだろーね。

ここのは、やっぱりちょっと顔つきが【ウクライナ】だよね。
これとか、ウクライナの芸人から大統領になったにちょっと似てるような。


あ、これ大喜利の題材に使えそうだ・・・これなんかも・・・
(ふきだし つけたら怒られるんだろーなー・・・)

やばいやばい。そろそろバチがあたるかも(^^;)
これにて撤収~。


イラスト 撤収

大聖堂ちかくのレストラン情報~。
ウクライナ料理って、どんなものなのか? グーグルマップで検索。ご近所にあって評価の高いウクライナ料理の店Kanapaの写真を見てると、キャベツ丸ごとくりぬきシチューみたいなやつが気になった! グルジア料理店のChachapuri Restaurantも美味しそうだし、中東料理店のMusafirも美味しそう! あっ、まさかの麺屋 武蔵 キエフ店もある!意外と多彩ね。

ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事

FC2blog テーマ:Googleの旅 - ジャンル:旅行

【2020/09/15 17:00】 | 妄想旅行
【タグ】 旅行  博物館  妄想旅行  
トラックバック(0) |


あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

学生の時、教科書に載ってる偉人の顔に落書きとかしませんでした?
わたしは偉人だけじゃなくて、英語の挿絵とか、本当に色んなものに落書きしてたw
あの頃の自分が目を輝かすような絵なんですよね〜〜
これからも探していきたいです。見つかるといいな。



misachi68
もう、面白い絵を見つけるっていう楽しみ方ですね、ワハハ。
楽しい〜〜

コメントを閉じる▲
今回は、取り急ぎお知らせまで~って感じで。
いつのまにか、Google Arts & Cultureのなかに、明治神宮が加わってた。

明治神宮 

令和二年は鎮座100年を記念した「神宮の森芸術祭」をやっていることは、ネットの記事などで知ってはいたけど、コロナで行けない人にもこうして一部見られるようにしてくれたのかな。ありがたいありがたい。

ステンレスでできた作品は、周囲の森を映すからか透明感が出て、神秘度が増すね。
そして白虎。最高だわ・・・。

ほかにも様々な作家さんの様々な作品が展示されてて、どれも素敵なので、ホント、おすすめ。
扇面作品なんて、全部欲しいくらいだし。
これ、ずっと展示し続けてくれるのかどうか分からないよね。
会期が終わったら、静かに消されちゃうかもしれない。
今のうちかもよ~。


せっかくだから、上記の「明治神宮」リンクから見に行ってみてね。
ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:Googleの旅 - ジャンル:旅行

【2020/09/11 16:30】 | 妄想旅行
【タグ】 旅行  神社  妄想旅行  明治神宮  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うん、森ができる前から、森ができて今に至るまでの、色々を考えると、なんかシミジミするのもわかるかも。
潤いのある良い神社の森だよねえ。わたしも1度しか行ったことはないけど好きなところだよ。
神獣たちってわけでもないだろうけど、虎とか鹿とかが、コロナ禍の東京の森に現れたのって、偶然じゃないような気がして、なんだか良いなぁって思って、ニヤニヤしちゃう。のしのし歩く虎と対話したいw
とはいえ、色々心配な面もあるだろうから、もし行くことがあったらお気をつけて〜。


Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

見てくださいましたか〜(^^) シェアして良かった♪
明治神宮の森ってただでさえ素敵な空間なのに、
アートの力でさらにすごい場所になってる〜!
わたしも癒されました。なんかこういうの良いですよね。



玉坂めぐる 
ありゃ、こんなのやってるんだ。
たまに行くと楽しい場所で
森とお庭が立派なんだよね
大正皇后陛下が池で釣してたんだって…。
なんかシミジミするんだよねー。

そうかあ、あそこにトラとか居るんだ。
いくかな。どうしようかな。(^へ^)





misachi68
じっくり鑑賞させていただきました〜( ˊᵕˋ )
楽しい〜〜
森の中の鹿も気に入っちゃったし、
虎は『山月記』イメージしちゃったし、
ギター持ってるクマも可愛い。

癒しだわ(´ω`)

コメントを閉じる▲