FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
2017年11月。鳥取に来ております。
境港です。



いきなり逆光で申し訳ないですが、
ここは境港にある「海とくらしの史料館」です。
日本一のサカナの剥製水族館!
700種類・4000点の魚介類が展示されているそう。



入場してすぐ、どん! 
ホオジロザメがお出迎え。



天井からぶらさがるオーナメント・・・じゃない(笑)
ハリセンボン!!



こぢんまりした史料館ではありますが、なんかワクワクする展示。



真面目そうなまゆげのサメ。



めちゃくちゃでかいマンボウの剥製。ホントでっかい!
水槽で泳いでるのを見るのとは、また違った感覚ですよ。
あと、正面からまじまじと見てみると、
マンボウのおちょぼ口ってけっこう不気味・・・。
ブラックホール感あるよ・・・。



リュウグウノツカイも。
海中で泳いでる映像を見ても、あまり恐くないけど、
剥製だと、大きさだとか、重量感を感じますね。
自分が小魚になったような気分です。
小魚目線でこれを眺めると、ちょっと怖いです。
万が一ぶつかったら大事故だよ・・・。



とにかく、剥製とあなどるなかれ。
剥製だからこそ、動きに惑わされることなく、
魚の姿カタチそのものを、じっくり眺められます。
円の中に魚を配置した、魚の顔(だけ)を展示するコーナーはお気に入り。
我々は、魚売り場で並んでるところとか、魚拓なんかもそうだけど、
お魚を横にして見ることが多いから、正面からってなんだか新鮮ですよ。
あらためて見ると、魚の顔ってかなり怖いw


境港は「水木しげるロード」だけじゃない。
海とくらしの史料館も、なかなか楽しいですよ♪



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

【2017/12/19 17:18】 | 鳥取県
【タグ】 鳥取    境港  博物館  旅行  観光  
トラックバック(0) |

Re: タイトルなし
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

魚の顔、ほんと怖いよ~ww
リュウグウノツカイって、海の中では羽衣みたいだけど、
こうして剥製になるとやっぱり魚だね・・・ってあらためて。
持ったら重そうだなって感じたよ。
魚の剥製、なかなか面白い!


misachi68
楽しそう〜〜( *ˊᵕˋ)✩︎‧₊
これは魚の顔をいちいち見ちゃいますね。
リュウグウノツカイの大きさ感じてみたいわ〜


Re: タイトルなし
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

そんなに大きな資料館ではないけど、
満足度高いので、おすすめです。
お隣には食事処もあって、そこも人気です。

魚の剥製の「獲れたやつ、ちょいと干してみた」感は
獣とは全然違いますよねw
やっぱり罪悪感が全然違う、魚食べ食べ国民だからかなあw


Re: タイトルなし
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

すでにそんなに早くから行かれていましたか―!
さすがです。
やっぱりハリセンボンのインパクトがすごいですよねw
使い方!w って思いました。

香美町かあ。覚えときます。
それにしても、やっぱり日本海側なんですね。
なぜ日本海側ばかりに剥製が・・・。
カニを食べるついでに行くのも良いかもしれないですね♪


玉坂めぐる 
うわあ、これはいい!
行きたい行きたい。
それに魚の剥製って、獣に比べると下ごしらえが手軽な感じがしていいですね(^^)。フグの剥製っていうより、フグ提灯って感じ。
楽しそうだあ~


へろん
おおお、海とくらしの史料館! 
2005年に行きましたので、すごく懐かしいです。
やはり「ハリセンボン通り」がインパクト大でした。
もう一度行きたいですね~。

ちなみに兵庫県香美町の「海の文化館」も同じように
魚の剥製がたくさんあるそうですが、2013年に行った
ときはちょうど休館中でした。今は開館してるようなので、
ここも行きたい場所の一つです。

コメントを閉じる▲
非常に駆け足だったんですが、鳥取県境港市に行きました。

msroad (3)

境港といえば・・・
蟹とか
水木しげる先生とかですw

msroad (4)

そんなわけで、水木しげるロードをちょいと歩いてみました。
もう妖怪がいっぱいです。みんな自由だよ~w

msroad (5)

わくわく・・・((o(´∀`)o))ワクワク

msroad (6)  

歩道沿いに妖怪の銅像がいっぱい並んでいるのはよく知られていますが、それでも想像以上の数でした!それに1つ1つよくできている!!これ、いちいち撮影してたらキリが無いですが、きっと妖怪好きの人ならば、いちいち立ち止まって「この妖怪がいる!」「あの妖怪もいる!」ってなっちゃうと思います。

msroad (7)  msroad (8)

アーケードの屋根にも妖怪いました~。

msroad (10)

そして足元にも・・・マンホールじゃなくて、直径10センチくらいのものです。

msroad (12)

銀行も、よその町とは違う心配をしていますw

msroad (17)

お店ごとに妖怪ワールドを演出しております。
中にはこんな、手作り感満載のところも・・・(´∀`)

msroad (9)

あっ、鬼太郎さんいました!
でもほかの人と絡んでて、こっち向いてくれない( ;∀;)

msroad (15)

でも、大丈夫。水木しげる記念館までやってきました。

msroad (2)

なぜか、砂かけ婆と良い雰囲気になるあけぼうw

msroad (1)

サラリーマン山田と色々グチりあう、あけぼうw

msroad (14)

資料館の中は、撮影OKなところと、NGなところがありますが。
先生の人生や作品について、それに妖怪についての展示を色々と見ていった結果・・・
とにかくめっちゃ先生の漫画が読みたくなります!!!
これに尽きるw

msroad (16)

和風庭園にもマッチする妖怪たち。

msroad (13)

この饅頭はお土産に買って帰りました。
非常にナイスなできばえで、しかも美味しいという・・・。
最初に爪楊枝を突き刺すとき、ちょっとドキドキしますけどね・・・( ´艸`)ムププ

msroad (18)

かなり駆け足だったので、妖怪パンも食べられなかったし、鬼太郎キャラのラテアートのあるお店にカフェラテを飲みに行くこともできなかった・・・。

msroad (19)

お土産は例によって、大好き文具・ふせん・・・。

msroad (20)  msroad (21)

目玉のおやじがデザインされたミニがまぐち。


水木しげるロード、実はちょっと見くびってましたw
実際行ってみると、楽しい~♪
また行かねば。(今度はじっくりと・・・)

ブログランキング・にほんブログ村へ
関連記事

FC2blog テーマ:ちょい旅 - ジャンル:旅行

【2013/11/29 17:05】 | 鳥取県
【タグ】 鳥取  境港  水木しげる  
トラックバック(1) |


あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

おそらく、初期のころからよりかなり広がってる気がします。
あけぼうは行ったことが無かったんだけど、TVで見てたのより妖怪推しの商店街が、意外と長ーく続いてるなぁという印象でした。もっと、あっという間に見終わっちゃうかと思ってた(;´∀`)
水木ファンの人って、あけぼうの周辺のそのまた周辺に何人かいるんだけど、伝え聞いた印象では、なんとなく持ってる雰囲気とかに共通点がある気がする~。


あけぼう
きぼう丸さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

いいじゃないですか!「鬼太郎茶屋!」
まずはそっちからレポお願いします♪
あのおやじ灯は、あまりにもチビッ子過ぎると、
何なのか分からない(気付かない)かも・・・( ´艸`)
とはいえディズニーに比べると規模が小さすぎなので
境港市民にはさらなる妖怪都市化をお願いしたいっすw

No title
玉坂めぐる 
15年ぐらいまえかな、まだオープン間もないころ、行きました行きました。
でも全然しらないものがいっぱいある。パワーアップしてますね。また行かなくちゃなりますまい。とずっと思ってるけど、なかなか果たせてないや。いいもの見ました、ありがとう。
玉坂は長年の水木ファンですんで「妖怪会議」っていうイベントとかも参加して、水木さんの神々しいお姿に何度もキャーキャー騒いでしまいましたよ。東京の調布の町も時々行きます。たのしいよ。水木先生はほんとに魂がフリーダムなお人です。健康で強い人です。ほーんと憧れです。


No title
きぼう丸
初っぱなの目玉のおやじ灯は、知っているから「うわ〜」って笑いながら驚けるけど、
全く知らない小さい子がみたら泣くよな〜なんて思いましたよ!
あたし的にはディズニーランドよりこちらの方が夢の国かもw
行ってみたいわ〜♪
東京の調布も鬼太郎にゆかりがある街です。
鬼太郎茶屋とかがあるし・・・な〜んてまだ行ってないんすよ!
まずはこちらからですかね〜w


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに!道(ロード)はなかなか居ませんし、持ってる人(そんなに知りませんが)を思い返してみると、みんな一癖ある感じの人が多いかも(笑)
銅像⇒神社だけが出世の終着点ではないんですね!

確かにあの目玉街灯にカラスがギッチリ集まってたら恐いけど、それこそ妖怪の町としては「望むところ!」って気もするし、悩ましい所ですね☆


あけぼう
広報ミヨッさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かにすごい人生ですよー。
戦争から戻ってきたお爺さんたちは、みんなとんでもないエピソード持ってるけど、なかなかうまく下の世代に伝えられてないように思います。あんまり言いたくないってのもあると思うし。そんな中で、水木先生はすごく貴重な人だと思いますよね。同じくあと30年はがんばってほしいです。



あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

着ぐるみたち、割とフリーダムにうろついてるんですよ♪
他の着ぐるみもきっと、いろいろな所にいたんだろうと思いますw
あけぼう的には米国のネズミより、ねずみ男のほうがテンションあがるかもー。

こんにちはー
小々次郎
自分の道(ロード)を持ってる人はなかなかいないです
笑われても気持ち悪がられても 突き抜けた人だけに道が開くんですね
目玉おやじの街路灯に鳩は寄って来ないでしょうけど
カラスがぎっしりと集まりそうでこわいです^^



あの〜
広報ミヨっちゃん
ここは一度いってみたいと
思いつつ、行けてません。
水木しげるさんは
作品もさることながら、
ご自身の人生もすごいです。
ラバウルへ派兵されて生還してるって
やはり神に選ばれた人なんでしょうね。
毎日かならず8時間以上寝るところも素敵です。
やなせさんが亡くなられた今、
水木さんにはあと30年はがんばってほしいです。


No title
misachi68
これは行ってみたくなりました〜〜!!
私もなめてました。
まるで町ぐるみのテーマパークですね〜
町おこしもここまで本気モードだと楽しいね!
キャラクターがウロウロしてるのがいいですわ〜〜


コメントを閉じる▲