FC2ブログ

京都★8 京都大学総合博物館 文化のほう

前回からの続きで京都大学総合博物館に来てますよ。

自然史ゾーンから文化史ゾーンに移動しました。



石棺です。

続きを読む

関連記事

テーマ : 京都・奈良
ジャンル : 旅行

空を見つめる狛犬・・・蘇羅比古神社

10月某日。
広島県庄原市に来てました。

前回は神武天皇陵と伝えられ、
その三角形の山容が、
超古代文明の残したピラミッドとも言われ、
古代の祭祀の場だったかもしれない意味ありげな巨石群がある、
神秘の山、葦嶽山(あしたけやま)
通称:日本ピラミッドに登ろうとして挫折しましたが、
ただ帰るのもつまらないので、
近くに神社があったことを思い出し、立ち寄ってみました。



蘇羅比古神社(そらひこじんじゃ)という神社です。

続きを読む

関連記事

テーマ : 神社・仏閣巡り
ジャンル : 旅行

「古鏡のひみつ「鏡の裏の世界」をさぐる」読んだよ~



川崎市市民ミュージアムで2015年に開催された企画展
「古鏡ーその神秘の力ー」の展示を書籍化したような本です。
それほど分厚くないし、写真も多くてあっという間に読めます。
古鏡だけに特化しているところが面白いですよね。

その時代を特徴づけるような有名な鏡など、
教科書に掲載されていたりして、
なんとなく見覚えのある鏡も多く出てきます。
が、ここまでちゃんと≪文様≫に注目して眺めたのは初めてかも。

話は、元祖・古代中国の鏡から始まります。
当時の思想や世界観など、
その時代・時代の特徴が鏡のデザインに反映されていて
「ほほーぅ」と思います。

その後、それが日本に入ってきて、
まずは中国の鏡を模倣するところから始まるんだけど
次第に、だんだん大きくしてみたりとか、オリジナリティを出してきて、
日本独特の紋様なんかが出てくるんですよね。

特に、日本独特の「直弧紋鏡」、これはかなりグッときました。
なんだこれ。この文様、超カッコいい。びっくり。
まずデザインとしてステキだし、めっちゃ洗練されている。
この直弧紋、ちょっと検索してみたんですが、
この文様そのものが、古代史と絡んで、だいぶミステリアスみたいですね。

幾何学模様チックなんだけど、単純な連続パターンとは違って、
直線で構成されてるかと思いきや、ふいに斜めに弧の線が入ってくる。
意外性がすごい。それでいて全体はカッチリまとまっている。
まるで知恵の輪やパズル、迷路のよう。
音楽とかリズムかもしれない。
すごいすごい。これ考えた人、ぜったい頭いいわ。

コーフンして話がちょっと脱線してしまいましたが(笑)

この古鏡というモノ、
何度も言うように元は中国で生まれたものですが、
出土するのはダントツで日本が多いんだとか。

それだけ、日本人の信仰や精神性にしっくりきたんでしょうね。
そういったことを掘り下げようとする試みはすごく面白いと思います。
実際に鏡を作ってみる、といったアプローチも良かったし。
ただ、やはり物的証拠が少なくて行き詰ってる感はありますね。
新しい「何か」が発見されたりしないと・・・・将来に期待しましょう。

とにかく、こういった本でナビゲートされないと、
きっと私は古代の鏡の文様を、ここまでじっくり見ることはなかったと思う。
博物館展示の「図録」よりは(多分)薄く、軽く、一般向けになっていて、
読みやすかったです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
直弧紋があしらわれたグッズほしい
  
関連記事

テーマ : 読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

「縄文人に相談だ」読んだよ~




縄文人に人生を相談したら・・・

彼女に振られた ⇒ 元気出せ!とりあえず肉食え!
上司がいじわるで会社がつらい ⇒ 元気出せ!まずは肉を食え!
老後の不安 ⇒ ずっと先の話より、まずは目の前の肉にかぶりつけ!

・・・てなかんじで、
全ての相談に対して「 肉を食っとけ 」で解決しそう(笑)

と思ってたら、とんでもない。

そう、肉で解決するのは旧石器時代まで。すみませんでした。
縄文はもっと社会的でちゃんとしてるんですよね。
現代人のさまざまな悩みをキチンと受け止め、
縄文的回答で、次々と「お悩み」を貝塚に送って下さいます(笑)

縄文人が相談に共感したり、
あるいは全く相談に答えてない場合もあるんですが、
その過程で、現代人との意外な共通点や、考え方の違いが
どんどん浮き彫りになっていく仕掛けが良くできてる。
縄文時代とはどういう時代だったかが、分かりやすい。

縄文好きの方が、縄文人になりきって作っている本なので、
縄文のステキな部分がたくさん盛り込まれていて
読んでいると縄文時代を身近に感じるし、
縄文時代に対するイメージが肯定的なものになっていくかも。



とりあえずわたしも、
この弥生野郎!脱穀でもしてやがれ!
ってタンカきってみたい笑





ちなみに著者の手がける「縄文ZINE」、
もともと好きでして、
ここから→
過去のバックナンバーを閲覧したりしてました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  
関連記事

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

岡山 ☆ 岡山市オリエント美術館に行って来ました

岡山市に来ております。
少し前に、近くを通りかかり、気になっていた施設。
(その時の記事⇒



オリエントの風が吹く、このピクトグラム・・・。



そう! 岡山市立オリエント美術館、です。
古代オリエントの考古美術品を展示しています。

続きを読む

関連記事

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

あけぼう

Author:あけぼう
性 別:女
住 居:広島県
特 徴:とうふメンタル
近 況:Instagram(別名)

家のWi-Fiがダメなまま5月が終わりそうだ。

最新記事
過去記事の検索はこちら
☆カテゴリ☆
コメントありがとうございます
Comments<>+-
Trackback <> + -
リンク(遊びに行ってね)
FC2カウンター
◆◆◆
「Amazonが販売・配送」の商品のみ推奨
**

RSSリンクの表示