FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
京都。続きです。
京都って古い町家みたいな和風の建物だけじゃなくて、
レトロな洋風建築がたくさん残ってる街でもありますよね。
今回の旅でも、移動中にいくつか見かけたので、ちょっとまとめてみました。



旧島津製作所河原町別館
中身は「フォーチュンガーデンキョウト」。レストラン&式場です。



今回は「通り」が違うので写真は無いけど、
この近くに、島津製作所の創業記念資料館という博物館がありまして。
最近は企業の博物館も気になってきているので、ちょっと行ってみたかった。
まぁまたの機会にということで、宿題としてここに記しておきます。




ここにも洋館が。
DEAN & DELUCA MARKET STORES 京都 という
大正時代の銀行をリノベした建物で、
中ではこじゃれた惣菜や食品を売ってるお店らしい。
イートインスペースもあるとか。
今思えばちょっと入ってみても良かったかな。
でもここでお茶してたら、目的地に着くのが遅れてしまうし~。



みずほ銀行京都中央支店。やけに新しい。
もともと本当に明治の建物だったのを壊して、また再建したんだとか。
普通の真四角なビルを建てた方がコストは安いだろうけど、
元に戻すその心意気をとりあえず褒めよう。
建てられた直後はこんな感じだったんだと思って見ることができるしね。

ちなみにその隣(奥)がホテルモントレ京都のようだ。
ここも温泉があっていいよね。京都の宿を検索した時にヒットしたよ。

わたしは昔から、風呂とトイレが一緒になってるユニットバスというものが、
ホントに嫌いで。まじで年々ますます嫌いになってるw
いまだに使い方の正解が分かんないもん。
だいたい、あれじゃ全然旅の疲れが回復しないよね?
なので、わたしの宿泊先はなるべく大浴場(温泉とまでは言わん)がある所にしてます。



京都市役所の向かい側。
ホテルオークラの所に。意外な・・・でも見たことある人物の像。



桂さんじゃないですかー。
長州屋敷ってこのへんにあったのか。へぇー。
今度から幕末の小説やドラマを見る時には、「あのあたり・・・」と思おう。

そして京都市役所。



んん!?

こんな黒かったっけ?



私が京都に住んでいたのは学生時代の間だけなので、
「役所」というものには、まったく用事が無くて。

ここも、たまに用事で「出てきた」時に、バスで通りすぎる程度で。
それでも印象だけはすごく残っている、そんな洋風建築の一つでしたが・・・。
なんかわたしの思い出に残ってる建物のイメージと違う。
こんな黒かったっけw
天気が悪いからこんなふうに暗く見えてるのだろーか。



この時は周りに囲いが出来ていて、工事をやってました。
耐震工事とか、もろもろやってるそうな。確かに安全第一だもんな。
しかし、レトロ建築のなかでも、これだけ大きな建物ってあまりないと思う。
それだけに、いろいろ大変だろうけど、なるべく後世まで残してほしいもんです。
ま、京都の人にそんな事、釈迦に説法だろうけどもw



景観に配慮したコンビニもすばらしいw 
なにこの門構えw うちより立派だよw



ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2019/04/19 17:51】 | 京都
【タグ】 観光  旅行  建物  京都  まちあるき  レトロ  洋館  
トラックバック(0) |

Re: 京都 ★ 10 移動中に見たレトロ建築たち
あけぼう
misachi68 さん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

そうなんですよねえ。
私もググってみたけど、そう、私の記憶でもそんな感じです。
でも、記事の写真、わりと青空なんですよね。
時刻も日暮れ時ってわけじゃないし、日光は明るいはずなんだけど、ホントになんであんなに黒かったんだろw


Re:京都 ★ 10 移動中に見たレトロ建築たち
misachi68
気になって、ググってみた!京都市役所。
確かにどの画像ももっと明るかった。。。
やっぱり天気かなぁ。
それと時間帯もあるかもよ?



コメントを閉じる▲


未来に向かってまっしぐらだった時代に生まれた、渋く、艶っぽく、自由なデザイン。手仕事も工業製品も光る、魅惑的なビルの世界。釉薬たっぷりのタイルや角丸の窓、カッコイイ塔屋、愛嬌のあるサイン、らせん階段…etc。(「BOOK」データベースより)



著者はBMC(ビルマニアカフェ)さんといって、
1950〜1970年代に建てられたビルの技術や
オーナーのこだわり、時代背景に魅了された5人組集団だそうです。
ビルを使ったイベントを開催したり、
不定期でリトルプレス「月刊ビル」を発行されているそう。

この本にはそんなBMCの皆さんが自信を持ってお届けする
大阪の昭和のビルが掲載されています。

遅まきながら私(=もちろん昭和生まれ)も、
明治・大正の豪華な洋館とはひと味違う味わい深さがあることに
最近、うすうす気がついてきていました。
ちょうどそんな時に、大阪の街を歩く機会もあったりして。
レトロなビルを「なんかいいよなぁ」と眺めたりしていたんです。

ただ、文化財として見学OKな洋館とは違い、
昭和のビルはテナントビルとして今も現役な建物も多くて、
部外者が気軽に内部を見て回れるような感じではないじゃないですか。
そこで、この本です。

昭和の個性的な外観のビルの中は、一体どんな感じなのか。
やっぱり期待を裏切らず、素晴らしかったです。
角の丸い窓、らせん階段、壁のタイル、ゴージャスな会議室・・・!
とにかく今の既製品でできたコスト重視のビルとは違って、
あちこちに職人さんの手しごと感があって、
本当におしゃれでカワイイ。

これまで漠然と「なんかいいな~」と思っていたビルですが
この本で、ビルの味わい方を教わったような感じ。
地元でも探してみようと思っています。
影響されちゃってます(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ

  
関連記事

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2018/03/20 17:22】 | 読書感想
【タグ】  感想  読書  建物  レトロ  
トラックバック(0) |

Re: こんにちはー
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

まさか持ってるとはw でも小々次郎さんなら納得かなー。
もともとらせん階段は好きだったし、丸い窓も好きなんだけど
この本を読んで一番ひかれたのはタイルだったり。
タイルって本当にあまり見なくなりました。
そんなわけで、今はタイルの本を読んでおります、うふ。

こんにちはー
小々次郎
この本持ってますw ちょっと薄暗い回り階段や 踊り場の壁に貼ってある六角形のタイルとか どこかエキゾチックですよね ちょっとひんやりしてるんじゃないかと思わせる空間に 作り手のいろんな国への憧れが存在しているようです^^


Re: 「いいビルの写真集 WEST」読んだよ~
あけぼう
misachi68さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙


ぜひぜひ!
マニアックだけどとっつきやすい、いいバランスの本でした。関連の本も読みたいし、BMCさんが出している「月刊ビル」も気になって検索したんだけど、売り切れてた。やっぱり大人気なんだなー。


misachi68
これは見たいですね!!
φ(σ_σ)メモメモ
個性的な建物を作りたいっていう
作り手の野望なんかが見えそう。


コメントを閉じる▲
大阪に来ております。

大阪と言えばレトロ建築たち!
次々現れるもんだから、ついついどこまでも歩いてしまう~。



窓の大きさといい丸っこさといい、ステキすぎて思わず写真を撮ってしまった
この大阪朝日生命館ビルは、
1962年(昭和37年)竣工、地上9階建ての賃貸オフィスだそうです。
8階にはホールもある。1階はタリーズコーヒーとか入ってました。
現役感がまたいいですね。



こちらは「オペラ・ドメーヌ高麗橋」。
今は結婚式場になっているそうです。
あの有名な辰野金吾さんの設計。言われてみればこのレンガ調、それっぽい。



こちらは「高麗橋野村ビル」。
1927年(昭和2年)に建てられたんだそうです。ひゃー!
こちらも1階にはサンマルクカフェが入ってる。
こういう建物の1階にはカフェが似合う。おフランスっぽい。



道路からだとめっちゃ巨大な建物なんですが、
横から見ると奥行きはあまり無い事が分かったw 薄い。
この手のレトロな建物は、建物の角に入口があるのがまた良いんだよねー。



ここは「生駒ビルヂング」~。うーん、デコデコしい♪
1930年(昭和5年)に竣工だそうです。



かっこいい鷲の彫刻。
こういう装飾に、なんだか当時の豊かさを感じてしまいますね。

利用するわけじゃないのに、窓にはバルコニー的なものつけちゃう。
視界や陽光を少し遮っちゃうけど、彫刻で飾っちゃう。

今の建物は合理的ではあるけど、
とにかくツルッとしてますからねえ。
キレイだけど面白くはないのよね。

ちなみに、こちらも1階にカフェがあるそうです。
お腹いっぱいだったけど、やっぱり入ればよかった・・・
今では後悔。


そして、ラストは!
「ぼくらの近代建築デラックス」を読んで以来、憧れていて、
いつか見学しに行きたいって思っている「綿業会館」!!!



これがあの綿業会館!すげー!
ちなみに、内部の見学には事前予約がいるし定員制。ううっ。



玄関前でひとりで勝手に興奮していると、
目の前をサラリーマンっぽい男性が建物内にスルッと入って行きました。
会員の人なのかなあ。いいないいなーうらやましいなー。

それにしても次から次に現れるこれらの建築、
ぜんぶ現役のビルなのがまた素晴らしいですよ。
ずっと元気で後世まで残っててほしいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

【2018/02/20 17:12】 | 大阪府
【タグ】 大阪  建物  レトロ  旅行  観光  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わかる、落ち着かないよねえ。
レトロ建築はきっと使い勝手はイマイチなんだろうけど
カフェで使うとかなら、簡単にちょっぴり非日常感が味わえて、
いいよな~~と思います。残してほしいー。

No title
misachi68
すごいわぁ。日本も頑張ってたんだなぁ。
新しいツルツルでピカピカの建物ももちろん好きなんだけど、
落ち着かない気分になるので
レトロな装飾ゴテゴテの建物惹かれるわ(*´∀`*)


Re: No title
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

みたいだよね、東京よりも人口が多かった時代。
西日本の人間としては、是非とも大阪に
かつての勢いを取り戻してもらいたいんですけどねえ。


Re: No title
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わかります、時計や窓!
こういう建物大好物です。
装飾がすごくてファンタジーの世界でも馴染んでしまうかも。
生駒ビルヂングは生駒時計店が入っているという認識でしたが
その他、カフェなどもあるとは。
中の様子も見てみたかったです。

No title
玉坂めぐる 
「大大阪」っていう言い方があったんだってね~。
かっこええなあ。

No title
へろん
おお、この鷲の彫刻、この間見た!
と写真を見直してみると、少彦名神社にお詣りした後
南下して見つけた時に撮影していました。
でも「生駒ビルヂング」という名前はチェックして
なかったです。このビル、あけぼうさんのお写真は
北側からですが、東から見ても時計や窓が独特で
味がありました。

コメントを閉じる▲
2015年4月、岡山。

前回まで、出石町界隈を歩いていましたが。
今は、全然違う場所を歩いています。



百十四銀行の前にいる、ウルトラ的顔つきの大黒天様。
米俵もロケットのように細長いw

それはともかくとして、到着しました。
岡山市にある昭和の香りただよう純喫茶として名高い・・・・

クラシック喫茶 東京 です。



この、見るからに良い感じの佇まい・・・






ビクター犬の首の傾き・・・なつかしや。



入店したところには、「浪漫電話」なるものが。



特徴的な吹き抜けにドーンと大きくてゴージャスなシャンデリア。
(実はシャンデリア萌えだったりします)
(ひたすらシャンデリアの画像集めてみたりしています)



この時も、ステレオからクラシックが流れてまして、静かな雰囲気。
音楽を楽しみつつコーヒーを飲むオジさまもいたりして・・・・。



うちにも昔のステレオあるんですけど、なんだかんだ使ってないんですよね。



結構いい音するんだけど・・・。
「モーツァルト」のレコードとか残っていますw
なんでもそれで、おなかの中にあけぼうがいたときに「胎教」で聴いてたらしいんですけど、その割には音楽に縁のない人生を歩みましたw ピアノもすぐやめちゃったし。

images_201504221627590fe.jpg

ああでも、調子がいいと、すぐ謎の鼻歌とか歌うのは、モーツァルトのせいかな?



頼んだのはコーヒー。
やっぱ純喫茶にきたらコーヒーっしょ!
お店のかたも、ピシッと折り目正しい接客で素敵でした~。



こちら「東京」の歴代マッチ箱。
どれも渋い~(人´∀`).☆.。.:*・゚



すごーくいい感じの雰囲気を残すこちらのお店。
しかしながら、実は2015年4月末をもって閉店されるそうです。
たまたま、今回その情報を得て、急ぎ訪問してみたというわけ。



レシートもレコードになっててカッコイイ。



無くなってしまうのは残念ですが・・・さりとて、しょっちゅう来られる距離でもなく(;^ω^)
ただただ、長年お疲れ様でしたと心の中で感謝して、店を出ました~。


ブログランキング・にほんブログ村へ
岡山の町歩き、今回はこれにて終了です。
いや、ほんとはこの後も日が暮れるまで、歩きに歩いて、なんだかカフェめぐりみたいになっちゃってたのでしたw
久々に歩いたなーって感じ。車で来ると見ることができない岡山の素顔を垣間見たって一日だったな~。


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:ちょこっとお出かけ写真 - ジャンル:写真

【2015/05/07 10:37】 | 岡山市
【タグ】 観光  日常  レトロ  建物  カフェ  岡山  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
玉さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

岡山良いところだよー。
移住者も最近多いらしいよ。
温暖で山も海も川もあるし、地震もないからね。
あけぼうが「東京」で特に感銘を受けたのは、店員さんの態度だよ。
ホテルの人みたいにピシッとしてた。
昔風の喫茶店って、お客となあなあになってるところも多いじゃん?
そういうのもなんか「東京」なんだろうね~。
マニラの「TOKYOTOKYO」(笑)
しかし「TOKYO」って結構、声に出して読みたい系なのかもしれないよね、海外の人にとって。

Re: No title
あけぼう
マナサビイさん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうなんですよ、割といまだにこれがあるのって、珍しいですよね?
年代もおっしゃるとおり、昭和40年代だと思います。
良くも悪くもあまり使ってないので見た目もきれいなんですよ。
音の良さは子供のころから感じていました。
ラジカセとはそりゃ違いますよね(笑)
なんか太くてまろやかな音がでるんですよね。
ただ、その分音を小さくしてても遠くへ届く・・・ので、
近所迷惑かも(;´∀`)
と思って使いづらいのも確かだったり・・・。
色んな意味でおおらかな時代のモノなのかもしれないです。

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

お父さんが入ってた歌声サークル、
きっとこんな感じだったんでしょうね~♪

金沢も絶滅危惧なんですね~。
大都市だから町の新陳代謝が激しそうだもんなー。
あけぼうは今回このお店に立ち寄って以来、
ちょっと興味が出てきて、
近隣の昭和な喫茶店についてちょっと調べてみたんですが
岡山は比較的、良物件が残ってるみたいです。
けど、写真を見る限り、
なかなか一人で入るには勇気がいる佇まいですがw
ここは女性一人でも気楽に入れる感じのお店でしたから、
そういう意味でも稀有だったのかも~。惜しいな~。


No title
玉坂めぐる 
岡山いいところだねえ
実はいったことないです。行きたくなりましたよう。

それにしても「ティールーム東京」。閉店は残念ですね。かっこいいお店だな。当時の「東京的センス」も教えてもらえた気もします。故郷の名前のお店はときどきあるけど、そういえば「東京」を名乗る店って少ないような気もしますね。あー、マニラに「TOKYOTOKYO」って微妙な弁当屋があった。(^へ^)

No title
マナサビイ
こんな古いステレオなんですね。凄いじゃないですか〜!
私のおじさんの部屋にあったステレオと同じぐらいのものじゃないでしょうか。
昭和40年代初めぐらいのもの?

私が持ってたステレオはもっと新しくてコンパクトなやつ(昭和50年代)で、そういうのを想像してたんですけど・・・これはスピーカーも大きいしいい音出そうですね〜e-420

No title
misachi68
いいわぁ!懐かしい雰囲気のお店ですねぇ。
金沢も昭和の香りの喫茶店はもう絶滅危惧種らしくて
どんどん無くなってます(ノ_・、)グスン…
歌声喫茶もちょっと気になる。
私の父が若い頃は多分そんな歌声のサークルみたいなこと
してたらしいから。
そっか。活動場所は喫茶店だったのだな(゚_゚)フムフム…

Re: No title
あけぼう
マナサビイさん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

そうなんですよ~すみません、もっと早くアップするつもりが、5月になっちゃってた( ´_ゝ`)ゞ
ステレオはね、ネットで拾った画像ですが、
こんなかんじのありますウチ。
http://blog-imgs-72.fc2.com/b/o/n/bonryo/201505071716501c9.jpg
15年くらい前には使えましたが、今はどうだろう?
試したことがないからわかりませんが、意外に昔の機器のほうが耐久性高かったりしますからね。使えちゃうかも☆でも、今はもはや棚と変わらない使い方なので、怒られちゃいそう(;´∀`)

No title
マナサビイ
ええ〜〜!残念!
写真を見て行きたいなあと思っていたら、もう閉店してしまったんですねe-260 岡山市内に幼なじみが住んでて年内に会う時にここで・・・と一瞬思いついたのになあ〜。
もったいないですよね。こんないいお店がなくなってしまうなんて。

ステレオ、まだおうちにあるんですか?!まだ使えるの?!
うらやましいです!e-350

コメントを閉じる▲
2015年4月、岡山。

出石町界隈を歩いています。

最近ようやく、看板建築という言葉をおぼえたあけぼうです♪

fc2blog_20150415153842272.jpg

マップにもたくさん紹介されてました。看板建築。

岡山2015-04-11 11 06 46 (42)

こういうのって、指定文化財みたいにならないから、気づくと取り壊されてたりするし、おおっと思ったら撮っておかないと。

岡山2015-04-11 11 06 46 (45)


屋根瓦に「福・福・福」!!
なんかメデタイ。

岡山2015-04-11 11 06 46 (48)

醤油屋さんだったのね。「福岡屋」さん。


岡山2015-04-11 11 06 46 (39)

今のビルはすっかり、装飾的な部分が無くなっちゃって。
つまんない。

岡山2015-04-11 11 06 46 (41)

当時としてコスト的にはどんなもんだったんでしょうね?こういうの・・・。

岡山2015-04-11 11 06 46 (44)

今や技術的にも継承者がいない可能性もあるから、うまくリノベーションして残しておいてほしいもんです。

岡山2015-04-11 11 06 46 (47)

で、なんだかんだ言いつつ今回の一番のお気に入りは!
シンプル・ザ・ベスト的な。

岡山2015-04-11 11 06 46 (50)

こちらでございます。
いわゆる「レトロな看板建築」とはちょっと違うような気もしますが(;´∀`)


ブログランキング・にほんブログ村へ
南のほうへ旅に出ます。
しばらくコメントのお返事や更新は滞るかもしれません。


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:お散歩カメラ - ジャンル:写真

【2015/05/01 12:29】 | 岡山市
【タグ】 岡山  レトロ  建物  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
玉さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

では、1階で寛いでた少年が、相続したのかもしれないですねw
良い立地のビルで、うらやましいw

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、いらっしゃい(*ˊᗜˋ*)ノ゙

多分、もともとは贈答とか結納とかああいうたぐいのお店だったのかな?と思いましたが、今はやっているのかどうなのか謎でした・・・またこの後で、再度このお店の前を通りかかったんですが、その時は1階の建物内で、男の子が寛いでました・・・謎が深まったw
遊び心のある看板って面白いですよね。
車で走ってるときに見つけがちなんですよね。
でも運転中だから、写真に撮れなくて
毎度、悔しいんですよね~(;´∀`)

No title
玉坂めぐる 
最後の写真は
お店まるごとご贈答品。(^こ^)
世代交代の相続の際にはぜひあて名書きもしてほしいなあ。

No title
misachi68
私も最後の熨斗が好きですわ〜〜(*´∀`*)
贈答品の専門のお店なんでしょうか。

看板はいいですよねぇ。
私は車を運転中に、屋根の瓦の色分けで文字を浮かび上がらせてるお店を
見つけた時は「なかなかやるなぁ」と感心しましたよ。


コメントを閉じる▲