FC2ブログ
おでかけブログ。神話や妖怪、UMAが好き。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。


今回は同じテーマで2冊紹介します。
まずは「はじめましての郷土玩具」の感想から♪

先日訪れた資料館で郷土玩具に魅了されてしまって。
わたしは以前から神社仏閣をめぐってるんですが、実は授与品のなかでも特に「土鈴(土人形)」が気になってはいたんですよ。干支をかたどったモノがよくありますでしょ?あれです。あまりに気に入ったものは買っちゃったりもしてます。でも、すでに御朱印を集めていることだし、これ以上また収集するものを増やすのは、大変だぞ・・・と、ハマりそうな自分にあえてブレーキをかけてたw

けど、やっぱり色々見てると、張り子や土人形独特の素朴な世界観、ゆるいシルエットがたまらなくって。年齢を重ねてきたからこそ刺さる可愛さなのかも。

とにかく、自分にかけていたブレーキを解きましてw
ある一定の「縛り」を設けたうえで、集めることを決意してしまいました。
とうとう!ああ~ww

というわけで、まずは情報収集。そこでこの本、というわけ。

日本の郷土玩具にはどんなものがあるのかが、実物写真がたっぷり掲載されているので「はじめまして」の人でも非常にわかりやすいし、本の最後にはこういった郷土玩具を展示している資料館・博物館や、工房・販売店の一覧などもあって便利。まずは近場からアクセスしていける。実は、郷土玩具についてネットで調べても、どの地方にどんな郷土玩具があるかはすぐに出てくるけど、それがどこで買えるのかが分からない場合がよくある。なのですごく重宝でした。良かったよ。

お次はこちらの本「てのひらのえんぎもの」感想です。



上の「はじめましての郷土玩具」は写真中心でしたけど、逆にこちらはイラストと文章で構成されてます。
その郷土玩具が作られるようになった経緯や、どういった「いわれ」があるのか、作者が思う魅力などが、読みやすいエッセイ風の文章でつづられてます。上の本ではそれほどピンと来なかったモノが急に良く思えてきたりw 根が単純なので結構影響されました。

これらの郷土玩具たちをどういう人が制作しているのか、実際に作家の方々に取材していて、やはり他の伝統文化と同様に、後継者不足に悩まされている実態がありまして、今のうちに買っておくことが色々な意味で大事なことだなと、しみじみ思いました。

特に、わたしは上でも書いた通り、マイルールに沿って集めていきたいと思っていて、そのルールの一つが「縁起物」である、という点なんですよね。「縁起物」、つまりめでたいモチーフのものを集めたい。例えば子どもが凧揚げしている土人形みたいなのは違うってことです。なんぼ可愛くても。可愛くてもグッとこらえる。そんな「縛り」ですw 

神社仏閣の授与品を中心にしていきたいなあと思ってます。で、そう思って上の2冊を読んでいくと、今まで訪れたことのある場所にもたくさんあったじゃないか!ていうか見たことあるのもチラホラあるぞ!こんなことなら妙な自己規制なんかしないで、最初から素直に買っておけばよかった!なかなか気軽には行けない遠い場所もいっぱいある(>_<) 今更しょうがないけど、悔しくてジタバタしています(笑)

両方とも、さらさら~っと読める本です。
わたしは、いちいちメモってたから時間かかったけど(笑)


最後にちょっと余談なんですけど、1つだけ。
ここに載ってた中で個人的に印象深かったのは「宇土張子」の始まりの話。これがちょっとミステリアスで、江戸時代末期、尾道からやってきた名前も名乗らない老夫婦が病に倒れ、宇土に住む坂本家に約1年滞在療養しそのお礼として張り子の製法を伝えたのが始まり、とある。尾道って身近な場所が出てきたからドキっとしてさ。
幕末頃なら時代も近くてノンフィクションっぽいし、名乗らない人を1年も世話してあげた坂本家もすごいし、名乗らないってことは夜逃げかな~とか、いろいろ妄想が広がっちゃった。

ブログランキング・にほんブログ村へ
  


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【2020/04/06 09:33】 | 読書感想
【タグ】  感想  読書  お土産  レトロ  
トラックバック(0) |

Re: Re:「はじめましての郷土玩具」&「てのひらのえんぎもの」読んだよ~
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

それほど遠くない時代だけに、話が生々しく感じられて面白いよねw
かなり逃げたよね。でもそのままこの町に居ついたわけでもなさそうだから、健康を取り戻したのち、さらに逃げたのかもしれないね。


Re:「はじめましての郷土玩具」&「てのひらのえんぎもの」読んだよ~
玉坂めぐる 
はりこ職人夫婦の逃避行。
気になるね(^^)
はりこだけに、何かしがらみから抜けてきたんだね。
中身はうつろ。空っぽだ。(^0^)
追っ手はくやしいだろうなあ。

Re: こんばんは
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

それはもしかしたらモノによっては今はもう作られてない可能性もあるから、整理するときにはよく注意したほうがいいかも~。とにかく絶滅の危機にある民芸品って多いみたいです。こけしも今はマニアが多いから、売れるかもしれないよね。宝の山かもよ♪


こんばんは
misachi68
そう言えば、土鈴とか縁起物とかウチにも色々あるかも。
義父母が使ってた戸棚にお土産の縁起物とかあるわ。
実家には各地のこけし人形が並んでたっけ。
整理しようかな、とか思ってたけど
縁起物は置いておく方がいいかな、って話し合ってたところです。
招き猫も可愛いし。

蒐集し始めたら、アップ楽しみにしてま〜す


あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

うんうん、独特の可愛さです♪
さるぼぼは、あれ、布製ってイメージなんですけど、
もしかして、さるぼぼの土鈴ってあるんですか?あれば欲しいかも~。



こんにちはー
小々次郎
土鈴って落雁みたいな質感だし和菓子みたいな可愛さがありますね ルールには敵っててもきっとさるぼぼは選ばれないでしょうね(涙)

コメントを閉じる▲
松永はきもの資料館に来ております。

前回は名前の通りに「はきもの」の展示について、
た~っくさんある中で
特に自分が気になったものだけを超厳選しておおくりしたんですけど、



実は、平成25年に閉館した前身の博物館は、
正式には「日本はきもの博物館・日本郷土玩具博物館」といって、
郷土玩具もこれまた多く収蔵されてるんですよね。

ここからは玩具や民芸品の展示に移っていきます。

 

そして、ここはもうわたしにとってはドンピシャ!w
好きなもので溢れていました。



招き猫やら七福神やらの「縁起物」が大好きなので、
もうたまりません。



1つ1つ紹介しきれないけど、
欲しいものを全部写真に撮っていったら膨大になったw
やっぱり七福神が好きなんだよねー。それと富士山のやつもいいよね。
馬に乗った猿のゆるさもカワイイ。



これは福助なんだけど、ぜったいモデルいるよねwww



こういう干支の土鈴や土人形なんかは、
わたしも少しずつ集めてはいるんだけど、
世の中にはこんなにかわいいのがいっぱいある~!どうしよ~!

中には、わたしが行ったことある神社仏閣の土鈴(土人形)もいくつかあった。
たとえば大阪に行った時に少彦名神社(神農さん)の寅さん!
ここにも展示してあったんだけど、収集した年代が違うせいか、
「あの時はこんなの無かった!」っていうデザイン!かわいい!!
あと、鞍馬寺の阿吽の虎鈴も、微妙に感じが違う!!奥が深ーい!



もう・・・もう、ぜんぶ欲しい! (*°∀°)=3 


いや~すみませんね、恐らくみんながついてこれない高テンションでw

そして、展示室のつきあたりまでやってきたところで、



あ、ひな人形かな?

って、

最初は思いました。



違うんです。

本当に、びっくりしたんですけど、これ全て・・・




天神さんのコレクションなんです~~~~。

全国の天神さん人形が一同に!



さすが道真公!



いや~~~びっくりした。



わたし、もう結構長いこと神社仏閣巡りをしてまして、
さまざまな神様とご縁を結んだ気になってるんですけどもw
その中でも、天神さん(菅原道真公)って好きなんですよ。

広島県民のわたしがお参りする神社って、
どうしても西日本、なかでも瀬戸内沿岸に偏りがちなんですよ。
道真公は四国に赴任してたこともあるから、そのゆかりの地も近いし。
道真公が大宰府へ左遷された時のルート沿いにあたるから、
天満宮へ行くと道真公にまつわるエピソードがいろいろ残っていることも。

なので、妙な親近感を持ってるんですよね。

しかしこんなに全国に天神さんの人形ってあるんですね~。
逆に地元のが新鮮だったりする。見たことない。こんなのあったんだ。
今はもう作ってないんだろうな~・・・。


いや~~良かった。いいもん見た。大満足。
これだけで私としては、来た甲斐がありました。

しかしまだ他を紹介してないから続きます。


ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:お出かけ日記 - ジャンル:日記

【2020/03/18 17:49】 | 福山
【タグ】 博物館  広島県  お出かけ  レトロ  玩具  松永  福山  
トラックバック(0) |


あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

福助、これ本当にモデルがいそうですよね。
持ち主に似せて作らせたとか、そういったことなんでしょうか。
背景は分からないので、想像するしかないけども・・・(^^)

縁起物、すでに溢れかえってますかw
壊さないように気を付けて運んで下さいね。

わたしは今まで自重してたんですよ、御朱印以外には手を出すまいと。
縁起物収集って、多分、趣味としてかなりの「沼」なんじゃないかと(^^;)

でも、ここがあまりに楽しすぎて!!
やっぱり欲しいものはゲットしていこうと方針を変えることにしましたw
あーあ~ww




あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

確かに、めでたいといったら、
妊婦くらいめでたい存在もないだろうけど、
これにはちょっと意表を突かれたよ。
わたしも「おおっ♪」と思ったw

道真公の人形、すごかったよ~。壮観だった。
ホントに日本全国で作られてて、人気の高さがうかがえる。
天下とってるようなもんだよ。ほんと。
生前の道真公が知ったらびっくりするだろうねw

No title
へろん
良いですよねえ、縁起物とか。私も大好きです。すでに溢れかえっているので来月の引っ越しにも難儀しそうですが・・・
えらくリアルな福助、こんな顔の方っていますよね(^^)

No title
misachi68
子育人形?にツボりましたw
妊婦のお腹をマッサージする婆さんw
楽しすぎ(*´∀`*)
縁起物って可愛いよね〜〜
道真公の人形は初めて見た!
立派な人って伝わる表情ですね、どれも。


コメントを閉じる▲
京都。続きです。
京都って古い町家みたいな和風の建物だけじゃなくて、
レトロな洋風建築がたくさん残ってる街でもありますよね。
今回の旅でも、移動中にいくつか見かけたので、ちょっとまとめてみました。



旧島津製作所河原町別館
中身は「フォーチュンガーデンキョウト」。レストラン&式場です。



今回は「通り」が違うので写真は無いけど、
この近くに、島津製作所の創業記念資料館という博物館がありまして。
最近は企業の博物館も気になってきているので、ちょっと行ってみたかった。
まぁまたの機会にということで、宿題としてここに記しておきます。




ここにも洋館が。
DEAN & DELUCA MARKET STORES 京都 という
大正時代の銀行をリノベした建物で、
中ではこじゃれた惣菜や食品を売ってるお店らしい。
イートインスペースもあるとか。
今思えばちょっと入ってみても良かったかな。
でもここでお茶してたら、目的地に着くのが遅れてしまうし~。



みずほ銀行京都中央支店。やけに新しい。
もともと本当に明治の建物だったのを壊して、また再建したんだとか。
普通の真四角なビルを建てた方がコストは安いだろうけど、
元に戻すその心意気をとりあえず褒めよう。
建てられた直後はこんな感じだったんだと思って見ることができるしね。

ちなみにその隣(奥)がホテルモントレ京都のようだ。
ここも温泉があっていいよね。京都の宿を検索した時にヒットしたよ。

わたしは昔から、風呂とトイレが一緒になってるユニットバスというものが、
ホントに嫌いで。まじで年々ますます嫌いになってるw
いまだに使い方の正解が分かんないもん。
だいたい、あれじゃ全然旅の疲れが回復しないよね?
なので、わたしの宿泊先はなるべく大浴場(温泉とまでは言わん)がある所にしてます。



京都市役所の向かい側。
ホテルオークラの所に。意外な・・・でも見たことある人物の像。



桂さんじゃないですかー。
長州屋敷ってこのへんにあったのか。へぇー。
今度から幕末の小説やドラマを見る時には、「あのあたり・・・」と思おう。

そして京都市役所。



んん!?

こんな黒かったっけ?



私が京都に住んでいたのは学生時代の間だけなので、
「役所」というものには、まったく用事が無くて。

ここも、たまに用事で「出てきた」時に、バスで通りすぎる程度で。
それでも印象だけはすごく残っている、そんな洋風建築の一つでしたが・・・。
なんかわたしの思い出に残ってる建物のイメージと違う。
こんな黒かったっけw
天気が悪いからこんなふうに暗く見えてるのだろーか。



この時は周りに囲いが出来ていて、工事をやってました。
耐震工事とか、もろもろやってるそうな。確かに安全第一だもんな。
しかし、レトロ建築のなかでも、これだけ大きな建物ってあまりないと思う。
それだけに、いろいろ大変だろうけど、なるべく後世まで残してほしいもんです。
ま、京都の人にそんな事、釈迦に説法だろうけどもw



景観に配慮したコンビニもすばらしいw 
なにこの門構えw うちより立派だよw



ブログランキング・にほんブログ村へ 


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

【2019/04/19 17:51】 | 京都
【タグ】 観光  旅行  建物  京都  まちあるき  レトロ  洋館  
トラックバック(0) |

Re: 京都 ★ 10 移動中に見たレトロ建築たち
あけぼう
misachi68 さん、イラッシャーイ٩(^‿^)۶

そうなんですよねえ。
私もググってみたけど、そう、私の記憶でもそんな感じです。
でも、記事の写真、わりと青空なんですよね。
時刻も日暮れ時ってわけじゃないし、日光は明るいはずなんだけど、ホントになんであんなに黒かったんだろw


Re:京都 ★ 10 移動中に見たレトロ建築たち
misachi68
気になって、ググってみた!京都市役所。
確かにどの画像ももっと明るかった。。。
やっぱり天気かなぁ。
それと時間帯もあるかもよ?



コメントを閉じる▲



著者はBMC(ビルマニアカフェ)さんといって、
1950〜1970年代に建てられたビルの技術や
オーナーのこだわり、時代背景に魅了された5人組集団だそうです。
ビルを使ったイベントを開催したり、
不定期でリトルプレス「月刊ビル」を発行されているそう。

この本にはそんなBMCの皆さんが自信を持ってお届けする
大阪の昭和のビルが掲載されています。

遅まきながら私(=もちろん昭和生まれ)も、
明治・大正の豪華な洋館とはひと味違う味わい深さがあることに
最近、うすうす気がついてきていました。
ちょうどそんな時に、大阪の街を歩く機会もあったりして。
レトロなビルを「なんかいいよなぁ」と眺めたりしていたんです。

ただ、文化財として見学OKな洋館とは違い、
昭和のビルはテナントビルとして今も現役な建物も多くて、
部外者が気軽に内部を見て回れるような感じではないじゃないですか。
そこで、この本です。

昭和の個性的な外観のビルの中は、一体どんな感じなのか。
やっぱり期待を裏切らず、素晴らしかったです。
角の丸い窓、らせん階段、壁のタイル、ゴージャスな会議室・・・!
とにかく今の既製品でできたコスト重視のビルとは違って、
あちこちに職人さんの手しごと感があって、
本当におしゃれでカワイイ。

これまで漠然と「なんかいいな~」と思っていたビルですが
この本で、ビルの味わい方を教わったような感じ。
地元でも探してみようと思っています。
影響されちゃってます(笑)



ブログランキング・にほんブログ村へ

  
関連記事

FC2blog テーマ:読んだ本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

【2018/03/20 17:22】 | 読書感想
【タグ】  感想  読書  建物  レトロ  
トラックバック(0) |

Re: こんにちはー
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

まさか持ってるとはw でも小々次郎さんなら納得かなー。
もともとらせん階段は好きだったし、丸い窓も好きなんだけど
この本を読んで一番ひかれたのはタイルだったり。
タイルって本当にあまり見なくなりました。
そんなわけで、今はタイルの本を読んでおります、うふ。

こんにちはー
小々次郎
この本持ってますw ちょっと薄暗い回り階段や 踊り場の壁に貼ってある六角形のタイルとか どこかエキゾチックですよね ちょっとひんやりしてるんじゃないかと思わせる空間に 作り手のいろんな国への憧れが存在しているようです^^


Re: 「いいビルの写真集 WEST」読んだよ~
あけぼう
misachi68さん、イラッシャーイ(*ˊᗜˋ*)ノ゙


ぜひぜひ!
マニアックだけどとっつきやすい、いいバランスの本でした。関連の本も読みたいし、BMCさんが出している「月刊ビル」も気になって検索したんだけど、売り切れてた。やっぱり大人気なんだなー。


misachi68
これは見たいですね!!
φ(σ_σ)メモメモ
個性的な建物を作りたいっていう
作り手の野望なんかが見えそう。


コメントを閉じる▲
大阪に来ております。

大阪と言えばレトロ建築たち!
次々現れるもんだから、ついついどこまでも歩いてしまう~。



窓の大きさといい丸っこさといい、ステキすぎて思わず写真を撮ってしまった
この大阪朝日生命館ビルは、
1962年(昭和37年)竣工、地上9階建ての賃貸オフィスだそうです。
8階にはホールもある。1階はタリーズコーヒーとか入ってました。
現役感がまたいいですね。



こちらは「オペラ・ドメーヌ高麗橋」。
今は結婚式場になっているそうです。
あの有名な辰野金吾さんの設計。言われてみればこのレンガ調、それっぽい。



こちらは「高麗橋野村ビル」。
1927年(昭和2年)に建てられたんだそうです。ひゃー!
こちらも1階にはサンマルクカフェが入ってる。
こういう建物の1階にはカフェが似合う。おフランスっぽい。



道路からだとめっちゃ巨大な建物なんですが、
横から見ると奥行きはあまり無い事が分かったw 薄い。
この手のレトロな建物は、建物の角に入口があるのがまた良いんだよねー。



ここは「生駒ビルヂング」~。うーん、デコデコしい♪
1930年(昭和5年)に竣工だそうです。



かっこいい鷲の彫刻。
こういう装飾に、なんだか当時の豊かさを感じてしまいますね。

利用するわけじゃないのに、窓にはバルコニー的なものつけちゃう。
視界や陽光を少し遮っちゃうけど、彫刻で飾っちゃう。

今の建物は合理的ではあるけど、
とにかくツルッとしてますからねえ。
キレイだけど面白くはないのよね。

ちなみに、こちらも1階にカフェがあるそうです。
お腹いっぱいだったけど、やっぱり入ればよかった・・・
今では後悔。


そして、ラストは!
「ぼくらの近代建築デラックス」を読んで以来、憧れていて、
いつか見学しに行きたいって思っている「綿業会館」!!!



これがあの綿業会館!すげー!
ちなみに、内部の見学には事前予約がいるし定員制。ううっ。



玄関前でひとりで勝手に興奮していると、
目の前をサラリーマンっぽい男性が建物内にスルッと入って行きました。
会員の人なのかなあ。いいないいなーうらやましいなー。

それにしても次から次に現れるこれらの建築、
ぜんぶ現役のビルなのがまた素晴らしいですよ。
ずっと元気で後世まで残っててほしいです。



ブログランキング・にほんブログ村へ


追記を閉じる▲
関連記事

FC2blog テーマ:旅日記 - ジャンル:旅行

【2018/02/20 17:12】 | 大阪府
【タグ】 大阪  建物  レトロ  旅行  観光  
トラックバック(0) |

Re: No title
あけぼう
misachi68さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わかる、落ち着かないよねえ。
レトロ建築はきっと使い勝手はイマイチなんだろうけど
カフェで使うとかなら、簡単にちょっぴり非日常感が味わえて、
いいよな~~と思います。残してほしいー。

No title
misachi68
すごいわぁ。日本も頑張ってたんだなぁ。
新しいツルツルでピカピカの建物ももちろん好きなんだけど、
落ち着かない気分になるので
レトロな装飾ゴテゴテの建物惹かれるわ(*´∀`*)


Re: No title
あけぼう
玉さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

みたいだよね、東京よりも人口が多かった時代。
西日本の人間としては、是非とも大阪に
かつての勢いを取り戻してもらいたいんですけどねえ。


Re: No title
あけぼう
へろんさん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

わかります、時計や窓!
こういう建物大好物です。
装飾がすごくてファンタジーの世界でも馴染んでしまうかも。
生駒ビルヂングは生駒時計店が入っているという認識でしたが
その他、カフェなどもあるとは。
中の様子も見てみたかったです。

No title
玉坂めぐる 
「大大阪」っていう言い方があったんだってね~。
かっこええなあ。

No title
へろん
おお、この鷲の彫刻、この間見た!
と写真を見直してみると、少彦名神社にお詣りした後
南下して見つけた時に撮影していました。
でも「生駒ビルヂング」という名前はチェックして
なかったです。このビル、あけぼうさんのお写真は
北側からですが、東から見ても時計や窓が独特で
味がありました。

コメントを閉じる▲