FC2ブログ
おでかけブログ。ご朱印を集めてます。その他、日々のふしぎや、おバカな出来事・読書感想などを、つらつらと。
宇治・平等院に来ておりました。



前回まで。

ここを出て、すこし駅の方へ戻って行きます。



マンホールには宇治橋が。宇治のシンボルなんですね。

で、その宇治橋とも縁の深い、深すぎるお方が祀られているのが、



こちら、橋姫をご祭神として祀る、橋姫神社です。
早速参拝・・・・(。-人-。) 



もともとご祭神は瀬織津比咩(せおりつひめ)という
水の穢れを祓ってくださる女神さま。

瀬織津比咩(せおりつひめ)は、神道の祝詞には出てくるのに、
古事記・日本書紀には登場しないという謎めいた女神さま。

のちに、橋姫=瀬織津比咩として同一視するようになったとのこと。

橋姫さまは、
ある時は嫉妬に狂って鬼と化した狂女、
またある時は橋を守る水の女神と、とても多面的なお方ですよね。



境内には住吉神社もありました。
住吉さんも、水運とか水の神様ですから、
いかに宇治川&宇治橋のことを、昔の人が重要視していたか
ってことですよね~。

あらためて宇治川を古地図で見てみると、
琵琶湖の瀬田川から始まって南に流れていき、
やがて宇治に到達すると宇治橋を過ぎてすぐ巨椋池に注いでいく。

そう、忘れていたけど、
巨椋池という幻の巨大な池が、この辺りにはあったらしいんですよ。
いまも地名には残ってます。
地元民でなくとも高速のICの名前とかで知ってる。知ってたw
しまった。今の今まで忘れてましたw

巨椋池には桂川や淀川や木津川も接続してるから、
もしかして京都からも奈良からも船でスイスイ~ッと来れちゃう?
そして大阪へもスイスイ~ッと行けちゃう?
もしそうなら、すごいアクセスの良さ。便利~そりゃ重視するわ~。

そうか。そう考えると、
源氏物語(宇治十帖)のイメージもわたしのなかで少し変わるなあ。
途中から船が使えるんなら、
今まで想像していたよりかは、都と近い感覚になるなあ。
あるいは都から陸路だとしても、横目に見えてるのは、
広大な湖のような池で、ポコポコ小島も浮かんでる・・・そんな景色。

「あさきゆめみし」にそんなでっかい池の場面ありましたっけ?
昔むかしに読んだっきりだからすっかり忘れたけど、
竹ヤブみたいなワビしい道を歩いてるような印象しかないんだよね。

よく考えたら宇治神社にも境内に住吉社がありましたしね。
それも水上交通安全の意味なんだな。
当時は「目の前は池!」ってくらいの場所かもね。あのへん。
宇治神社は菟道稚郎子が住まう離宮だったという話もあったけど、
お父さんの応神天皇の都が奈良のほうで、
その後、兄さんが今の大阪の難波あたりに都を構えたことを考えたら
なかなか面白い・・・味わい深い位置なのかも・・・ふーん。

・・・。


え~~~~っ
池があったと仮定した目で、
もう一回、イチから観光をやり直したくなってきた・・・(笑)

さあ、宇治観光もだいたい終了です。
あとは、買い物をして帰るだけです。
次回はお土産。
ではでは。(つづく)


ブログランキング・にほんブログ村へ 




追記を閉じる▲


こちら、橋姫をご祭神として祀る、橋姫神社です。
早速参拝・・・・(。-人-。) 



もともとご祭神は瀬織津比咩(せおりつひめ)という
水の穢れを祓ってくださる女神さま。

瀬織津比咩(せおりつひめ)は、神道の祝詞には出てくるのに、
古事記・日本書紀には登場しないという謎めいた女神さま。

のちに、橋姫=瀬織津比咩として同一視するようになったとのこと。

橋姫さまは、
ある時は嫉妬に狂って鬼と化した狂女、
またある時は橋を守る水の女神と、とても多面的なお方ですよね。



境内には住吉神社もありました。
住吉さんも、水運とか水の神様ですから、
いかに宇治川&宇治橋のことを、昔の人が重要視していたか
ってことですよね~。

あらためて宇治川を古地図で見てみると、
琵琶湖の瀬田川から始まって南に流れていき、
やがて宇治に到達すると宇治橋を過ぎてすぐ巨椋池に注いでいく。

そう、忘れていたけど、
巨椋池という幻の巨大な池が、この辺りにはあったらしいんですよ。
いまも地名には残ってます。
地元民でなくとも高速のICの名前とかで知ってる。知ってたw
しまった。今の今まで忘れてましたw

巨椋池には桂川や淀川や木津川も接続してるから、
もしかして京都からも奈良からも船でスイスイ~ッと来れちゃう?
そして大阪へもスイスイ~ッと行けちゃう?
もしそうなら、すごいアクセスの良さ。便利~そりゃ重視するわ~。

そうか。そう考えると、
源氏物語(宇治十帖)のイメージもわたしのなかで少し変わるなあ。
途中から船が使えるんなら、
今まで想像していたよりかは、都と近い感覚になるなあ。
あるいは都から陸路だとしても、横目に見えてるのは、
広大な湖のような池で、ポコポコ小島も浮かんでる・・・そんな景色。

「あさきゆめみし」にそんなでっかい池の場面ありましたっけ?
昔むかしに読んだっきりだからすっかり忘れたけど、
竹ヤブみたいなワビしい道を歩いてるような印象しかないんだよね。

よく考えたら宇治神社にも境内に住吉社がありましたしね。
それも水上交通安全の意味なんだな。
当時は「目の前は池!」ってくらいの場所かもね。あのへん。
宇治神社は菟道稚郎子が住まう離宮だったという話もあったけど、
お父さんの応神天皇の都が奈良のほうで、
その後、兄さんが今の大阪の難波あたりに都を構えたことを考えたら
なかなか面白い・・・味わい深い位置なのかも・・・ふーん。

・・・。


え~~~~っ
池があったと仮定した目で、
もう一回、イチから観光をやり直したくなってきた・・・(笑)

さあ、宇治観光もだいたい終了です。
あとは、買い物をして帰るだけです。
次回はお土産。
ではでは。(つづく)


ブログランキング・にほんブログ村へ 



FC2blog テーマ:神社・仏閣巡り - ジャンル:旅行

【2019/06/03 08:30】 | 京都
【タグ】 観光  旅行  神社  京都  
トラックバック(0) |

Re: おはよーございます
あけぼう
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

たしかにやる気の無さは感じるかも(;´∀`)
御朱印、もらえませんでしたしねえ。
あ、でも缶バッチはわたしも見たw 
キャラ化しちゃって大丈夫?とは思いました・・・w

もっと寂れきった過疎の神社とかを鳥取や島根で見てるせいか、
正直そのことよりも、
こんな至近距離の向かい合わせで、住吉さんを祀ってることにビックリしました。
だって、男性の神様ですよね・・・住吉さん・・・。
こんな面と向かって・・・なんかドキドキしましたww

おはよーございます
小々次郎
橋姫=瀬織津比咩として同一視するようになったとのこと。

そうなんですね なんか瀬織津比咩さんを気の毒に思います 自分もここ(橋姫神社)に行きましたけど 祀られてるのは嫉妬の塊の方じゃないなと現場で思ったですけどね  瀬織津比咩さんどころか この神社には誰もいないんじゃないかなと思えるくらいやる気なさを感じました でも嫉妬の塊の方の缶バッチを売ってましたね 

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Re: おはよーございます
小々次郎さん、( ´∀`)ゞ イラッシャーイ

たしかにやる気の無さは感じるかも(;´∀`)
御朱印、もらえませんでしたしねえ。
あ、でも缶バッチはわたしも見たw 
キャラ化しちゃって大丈夫?とは思いました・・・w

もっと寂れきった過疎の神社とかを鳥取や島根で見てるせいか、
正直そのことよりも、
こんな至近距離の向かい合わせで、住吉さんを祀ってることにビックリしました。
だって、男性の神様ですよね・・・住吉さん・・・。
こんな面と向かって・・・なんかドキドキしましたww
2019/06/07(Fri) 16:23 | URL  | あけぼう #-[ 編集]
おはよーございます
橋姫=瀬織津比咩として同一視するようになったとのこと。

そうなんですね なんか瀬織津比咩さんを気の毒に思います 自分もここ(橋姫神社)に行きましたけど 祀られてるのは嫉妬の塊の方じゃないなと現場で思ったですけどね  瀬織津比咩さんどころか この神社には誰もいないんじゃないかなと思えるくらいやる気なさを感じました でも嫉妬の塊の方の缶バッチを売ってましたね 
2019/06/07(Fri) 10:55 | URL  | 小々次郎 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック