FC2ブログ

新見市 ☆ 夏・涼を求めて洞窟へ(満奇洞)

夏。

今年は例年同様、いや、それ以上に暑かった。

そこで涼を求めて出かけてみました。
到着したのは・・・岡山県新見市・・・



満奇洞(まきどう)という洞窟です!ここは駐車場!
洞窟入口のもっと近くにも駐車場があるんですが、道が狭くなるし、
さすがにこの時期ファミリー層がたくさん来て混んでるんじゃないかと思い、
こっちに停めました。



満奇洞は岡山県の天然記念物に指定されている全長約450mの鍾乳洞で、
歌人の与謝野晶子が「奇に満ちた洞」と詠んだことからついた名前なんだとか。
映画『八つ墓村』のロケ地にもなったんだそうです。

鍾乳洞っていったら、
この岡山県新見市には他にも「井倉洞」っていう洞窟もあって、
そっちのほうが、規模としては大きいです。
わたし自身は、井倉洞には行ったことあるけど、満奇洞は初めて。



洞窟に誘うたぬきさん。



岩と岩のスキマ的な、さりげない入口。
でも近づいただけで、もう涼しい!



入口と出口は同じなんですが、
入ってすぐの所に、このとおりテーブルとイスが設けてあって、
休憩スペースになっている。

わたしも洞窟見学後、出る前にここでひと休みしました。
座ってしまったが最後、まったく動く気が無くなるというw
一歩出てしまったらまた気温35度くらいの真夏の世界だと思うと、
この中の涼しさが心地よすぎて出たくなくなるんだよ。

ま、それはともかく、中の様子をご紹介します。



この満奇洞はカラフルなLEDでライトアップしているところが魅力です。



鍾乳石の独特の形状とあいまって、幻想的・・・。

という印象はほんの一瞬。

ちびっ子がワイワイ走り回って騒々しいので、
幻想的なムードは一気にかき消されます。いいけどw

 

地底湖があって、水もめっちゃ澄んでる。




 


人によっては、けばけばしくてお化け屋敷っぽい色合いに見えるかなw
でもリアルで見たら綺麗なんですよ。

ただ、洞窟だから仕方ないといえば仕方ないんだけど
高さが低いところが結構多くて、中腰体勢が長いのが辛かった(笑)



ま、全部中腰ってわけじゃないし、まっすぐ立てるスペースもあるから、耐えられないほどじゃない。
普通におじいちゃん&おばあちゃんでも大丈夫なレベルです。



いや~心地よい涼しさを満喫いたしました。
やっぱり、涼を得たいなら洞窟とか風穴とかそういうのが良いかもね。
日焼けもしませんし。



満奇洞で撮影されたという「八つ墓村」にちなんだ顔出しパネルがw
もちろん撮るよねw

満奇洞はちっちゃな子やお年寄りでも楽しめる洞窟って感じでした。

満奇洞のある新見市は鍾乳洞が多い町で、
アウトドア体験としてケイビングも出来るらしく、
つなぎを着た装備ばっちりの少年たちも見かけたりしましたよ。
楽しそうだよね~気になる気になる。




ブログランキング・にほんブログ村へ 
関連記事
テーマ: 日帰りお出かけ | ジャンル: 旅行

岡山県(新見市) ☆ ぶどうジュースで矛盾を飲み込む

夏。
岡山のとある場所へドライブに出かけました。
目的地の途中、寄り道したのがここです。



新見市にある、ワイナリー。「domaine tetta」さんです。
最近、国産の「ご当地ワイン」が盛んになってきてますけど、
こちらも2016年からスタートしたワイナリーで、
併設されたレストランで食事も提供してるということで、
前々から来てみたかったところなんです。

夏。ブドウ畑で、ちょっとしたいいランチを食べる・・・。
わたしの中では、プチ南仏旅行みたいなイメージw

続きを読む
関連記事
テーマ: 岡山県 | ジャンル: 地域情報

香川 ★ レオマワールド

香川の遊園地・レオマワールドに行ってきました。



遊園地とホテルと温泉とプールと花の公園とイルミネーションと・・・
なんか「全部乗せ」みたいな、こっちではだれもが知る施設ですが
実は来たことがありませんでした。

続きを読む
関連記事
テーマ: 日帰りお出かけ | ジャンル: 旅行

「ジオパークと伝説」読んだよ~~~



ジオパークの地形・風土が、伝説とリンクする



この本に出てくるジオパークとは山陰ジオパークのことです。
鳥取から丹後半島あたりまでの日本海側のエリアを、
國學院大學の先生と院生さんたちがフィールドワークして、
伝説のなかに地域の地形・気候風土が
どのように影響してるかをまとめた報告、といった一冊です。

人間って、そこに変わった景観があったら、絶対何かを見出すじゃないですか。
なにかを見出したら、そこにストーリー(伝説)が生まれるじゃないですか。

ジオパークは現代人でさえ「おおっ」と思う地形が見られる場所なので、
その点、分かりやすい。
まして取り上げられたエリアは、わたしにとって比較的行こうと思えば行ける距離なので身近です。

例えば柱状節理を見て、昔の人がどんなものをイメージしたのか。
どうやら建材のようなものを連想したみたい。
それで、隠岐の島まで神様が橋を架けようとして計画がとん挫し、
建材が置きっぱなしになってるのがこの場所である・・・的な伝説があるそうです。

あと、俵を積み重ねたようだと見た所もあったみたい。
面白いのは、川の近くで夫婦の神様がその俵石(柱状節理)の数を数えていたんだけけど、川の流れる音がうるさくて、何度やっても夫がちゃんと数えられないのを見た妻の神様が、「こんな数もマトモに数えられない男なんて将来の見込み無いわ~~」って、見限る・・・って伝説があったりするw もちろんそこの柱状節理の近くには淵があって、川の音が云々っていう伝説と合致してるんだよね。

丹波の「丹」の由来という伝説もあった。
白蛇伝説というのがあって、物語の最後、池に棲む白蛇が退治されてその池が赤く染まった・・・ということから、そこを丹池と呼ぶようになり、のちに丹波の国名の由来となるっていう。実際、この一帯の地質は花崗岩で、その花崗岩が風化した「まさ土」の赤い色のことではないかと書いてありました。また、昔のことなので、土砂が池に流れ込むような状況(水害など)もよく起きたようです。

ほかにも、山陰の牛鬼伝説の正体は、
丹後地方特有の気象「ウラニシ」によって生じる現象のことではないか・・・
などなど、

地形・地質・気候などが、伝説に反映されてる事例が報告されていてました。

個人的に好きなテーマなので読みましたけど、中にはジオパークに含めちゃっていいの?って思うような場所まで入っていて、タイトルと内容がちょっとあってないような章もあったりするし、文章が研究報告らしい書かれ方でお堅いので面白味には欠けるかな。

あと願わくばもっと詳細な地図が欲しかった。
本の最後に簡単な地図があるだけなので、スマホで検索しまくりでした。

ちょっと残念なところもあったけど、このテーマの本がそもそも少ないので、あっただけでもありがたい・・・としておこう。

続きを読む
関連記事
テーマ: 読んだ本 | ジャンル: 本・雑誌

「全館訪問取材 中村元の全国水族館ガイド 125」読んだよ~



著者の水族館への愛があふれてる!水族館ガイド本の決定版



知ってる人も多いと思うんですけど、
タイトルにも入っている著者の中村元さんって、
「マツコの知らない世界」でも水族館の回で登場した方です。
その方が出された本だけに、自らお客として訪れ、写真も撮り・・・
水族館愛いっぱいのステキなガイドブックになっていました。
北海道から沖縄まで地域ごとにまとめられた125か所。
あらためてこんなにあるのか!と思いましたよ。さすが島国日本。

人によっては水族館ってどこも似たり寄ったりで、
(イルカショーやってて、アザラシとかペンギンがいて・・・)
といったようなイメージを持つ人もいると思うけど、
なんのなんの、地域性の豊かさがものすごく出てる。
日本海のほうの館は日本海の魚だったり、沖縄なら沖縄の海を再現とか。

そんでもって推してる魚も、
ジュゴン推しあり、クラゲあり、ジンベエザメあり、淡水魚あり等々。

旅行で訪れた先の水族館に寄るのも良いんですよね。
そういう意味でも参考になります。
ただ、水族館っていったん入っちゃうと
2時間くらいはあっという間に経過しちゃうから、
今まで、水族館の存在は確認してたし行くことを検討もしたけども、
スケジュールの都合でカットした、っていうパターンが結構あって、
そういう「行きそびれた」館の情報などを読むと
「なるほど~あそこはこんな水族館だったんだ・・・やっぱり行けばよかったな~」
って後悔することもしばしば(笑) 

地元の水族館や行ったことのある水族館も、
著者的にはどういう評価なんだろう?
っていうのが気になって面白く読めます。
遠くの水族館のページよりも、
中・近距離の「行ったことがある」「行けそうな」場所のページのほうが、
個人的には面白く読めたかも。

とりあえず広島県在住のわたしとしては、
著者がプロデュースで関わっている
広島の「マリホ水族館」が気になっているので、
近いうちに行ってみたいと思っております♪



ブログランキング・にほんブログ村へ

 
関連記事
テーマ: 読んだ本 | ジャンル: 本・雑誌